逢ふことをいざ穂に出でなん篠薄しのび果つべき物ならなくに(藤原敦忠)

今日は旧暦の8月30日
よみ人:藤原敦忠 、所収:後撰和歌集

「月」はこれくらいしておいて、今日からは秋の七草をご紹介しよう。まずは「薄(すすき)」だ。ところで秋の月というと大抵セットで「薄」(おまけに団子)が登場してくるが、実のところ和歌で月と薄とが合わせて詠まれることはほとんどない。
さて、和歌で薄は詠むべきポイントが決まっている、「穂」だ。『逢うことがバレちまってもいい! 篠薄だって忍びきれないのだから』と、このように忍びきれない恋心が「穂に出づる」という詠み方をする。しかしどうしても隠し切れないとしても、何とか忍び隠すのが普通の歌人であるが、「出てこいや!」と挑発的なのはさすが業平と張るプレイボーイ藤原敦忠である。

(日めくりめく一首)

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、神無月)10/27(日)9:50~11:50