岩間もる清水を宿に堰きとめてほかより夏を過ぐしつるかな(俊恵)

今日は旧暦の7月4日
よみ人:俊恵 、所収:千載和歌集

納涼の手段はいろいろあれど、海水浴にプールやはり定番は水遊びで間違いない。それは昔もおんなじで、和歌でも晩夏のころには「水」にちなんだものが詠まれる。『岩の間から漏れた湧き水を、ちゃっかり俺んち家へ流れるように堰き止めて、涼しい夏を過ごしてます(笑)』。まさに我田引水であるが、嫌味がないのは詠み人が俊恵であるからだろう。俊恵と言えば父はかの大歌人源俊頼、恵まれた家筋に生まれながら早々に出家、白川に歌林苑という庵を結び悠々自適に暮らした。今日の歌は隠者に相応しい一首である。

(日めくりめく一首)

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、神無月)10/27(日)9:50~11:50