夕立の雲飛びわくる白鷺の翼にかけて晴るる日の影(花園院)

今日は旧暦の7月1日
よみ人:花園院 、所収:風雅和歌集

『夕立の雲を飛び分けてゆく白鷺、その翼に雲を引っ掛けて太陽が見え出した』。花園院の写生歌、と言いたいがおそらく実景ではなかろう。夕立を降らせた白雲の名残、そこを飛びわたる白鷺に照り始めた太陽! おそらく院が思い描く理想的な夏空が描かれている。ところが、あまり良くない。なんとなれば言葉を詰めすぎなのだ。「飛びわくる」もしくは「翼にかける」このどちらかで十分、太陽を誘い込む白鷺の形容は成し遂げられるだろう。

(日めくりめく一首)

→「わくわく和歌ワークショップ(葉月の会)」8/25(日)9:50~11:50