夕づく陽岩根の苔に影きえて丘の柳は秋風ぞ吹く(永福門院)

今日は旧暦の7月11日
よみ人:永福門院 、所収:風雅和歌集

自分の体験を歌にする、そんな当たり前の先駆者が式子内親王であった。それでいうと今日の詠み人、永福門院は式子の正式な継承者と言えるだろう。しかもその思想はさらに先鋭化している。京極派、とりわけ永福門院にとって伝統的な和歌なんてきっとクソくらえだったのだろう。『岩の苔に消える夕日』も挑戦的だが、秋のしかも丘の上の『柳』である。当然ながら柳は春の川岸に揺れるものだ、伝統的には。こうも和歌の常套が崩されると、歌の善し悪しはどこに求められるのだろう。それは詠み人一人ひとりの感動なのだ。

(日めくりめく一首)

→「和歌と風雅のこと始め(睦月の会)」1/26(日)9:50~11:50