あたらしき年のはじめにかくしこそ千歳をかねてたのしきをつめ(よみ人知らず)

今日は旧暦の1月1日
よみ人:よみ人知らず 、所収:古今和歌集

お正月の歌である。なんで今の時期にといえば、今日が旧暦の元日であるからである。古今集の大歌所御歌であるが、「千歳」なんて気の利いたことばさえ知っていれば小学生でも詠めそうな歌である。ちなみに「たのしき」には(楽しき)と(木)が掛かっている。だから「つむ(積む)」なのだ。そう聞くと私はどうしても積み木あそびなんかを思い浮かべてしまうもので、よけい幼稚に思えてしまう。これは短歌形式を取っているが、歌謡として評価されたのであろう。声にだしてみると「カ行」のアクセントが歯切れよく、晴れやかで心地よい。

「日めくりめく一首」

→「ろっこの和歌Bar(7月の夜会)」7/24(水)19:30~22:00