源氏の恋文「紫の少女」

「ねは見ねどあはれとぞ思ふ武蔵野の 露分けわぶる草のゆかりを」 あなたのことを真剣に考えています この思いに偽りがないこと、あなたが一番分かっているはずですよね 一人の美しい女性としてお慕い申し上げています 今までは気兼...

源氏の恋文「山桜の結び文」

敬愛なる尼君 あなたは冗談だとお思いかもしれない だが私は本気です 「面影は身をも離れず山桜 心の限りとめて来しかど」 あの紫の少女の姿が頭から離れないのです 今まで忍び留めてきましたが、もう限界です 私の純愛をどうかご...

源氏の恋文「黄昏の夕顔」

お便りありがとうございます こんなにも美しく書き流した文は見たことがありません あなたからの恋文と受け取ってよいのでしょうか 「寄りてこそそれかとも見め黄昏に ほのぼの見つる花の夕顔」 なにぶん噂ばかりで恋のやり取りに不...

源氏の恋文「夕顔の花」

突然お手紙を差し上げます非礼をお許しください あなたは私のことを知らないでしょうね でも、私はあなたのことを知っています あてのない噂ばかりですけど 「心あてにそれかとぞ見る白露の 光添へたる夕顔の花」 一度、直接お逢い...

新しいかな書道「かなグラフィー」とは

かなグラフィーの心 私が指南するのは旧来の「かな書道」ではありません、日常を豊かに彩る新しいかな書道「かなグラフィー」です。 「かな書道」と「かなグラフィー」における第一の違い、それは作品との向き合い方。一般的な古い「か...