色かはる露をば袖におき迷ひうら枯れてゆく野辺の秋風(俊成卿女)

新古今歌の四季歌が難しいのは、一首が純粋な風景またその感想ではないことに起因する。風景がつまり暗喩であり心象であり悲劇の象徴なのだ。三十一文字という短詩形においてそれを可能とするのは、一語一語の言葉に秘めた含蓄力によるも...

儚さをわが身の上によそふれば袂にかかる秋の夕露(待賢門院堀河)

いつから和歌は、こんなに虚しくなったのだろう。それは新古今のひとつ前、千載集がその分岐点だ。『私に寄りかかる儚さは、秋の夕暮れに置く袂の露のよう』。三代集を主として、「露」は秋を秋らしく染める風景のひとつであった。しかし...

白露の色は一つをいかにして秋の木の葉を千々に染むらむ(藤原敏行)

二十四節季もそろそろ白露になるころだ。近年では残暑長く、朝露はまだ目に遠いかもしれないが本来は秋も本番を迎える。さて「露」は草木に置くものであり、あくまでも脇役だと思うかもしれない。しかし和歌で「露」は千変万化に立ち回る...

白露や心おくらむ女郎花いろめく野辺に人かよふとて(藤原顕輔)

かくも女郎花は愛されていた。女郎花から「女」への連想はついぞやまず、平安時代を渡って男たちは妄想と思慕を続けてきた。ちなみに奈良時代の万葉集では、女郎花にこれといって女を見ていないから面白い。今日の歌は金葉集から顕輔によ...

女郎花影を映せば心なき水も色なるものにぞありける(藤原頼宗)

和歌で特に好まれる色、それは雪月花に代表される「白」だ。次点は「青」そして「緑」あたりだろう、実のところ「黄色」なんてのはあまり人気がない。だから春の「山吹」、秋の「女郎花」などは貴重な黄色い風景なのだ。今日の歌は、女郎...

名に愛でて折れるばかりぞ女郎花われ落にきと人に語るな(遍昭)

今日から数首「女郎花(おみなえし)」の歌をご紹介しよう。詠み人は遍昭、僧正という僧官の最上位にありかつ仮名序では六歌仙の一人に挙げられる。そんな一角の人物が詠んだ歌がこれだ、『名前が愛らしくて手折っちまったよ女郎花、よも...

萩の花くれぐれまでもありつるが月出でて見るになきがはかなさ(源実朝)

『日暮れまで僅かに残っていた庭の萩の花、月が出てきたので見に行ってみるとなくなっていた。ああ悲しいなあ』。他愛もない歌である。しかしすごく引っかかる歌である。花の儚さを歌にするのならこの時期なら朝顔があるだろう。しかし実...

秋萩の古枝に咲ける花見れば本の心は忘れざりけり(凡河内躬恒)

『萩の古い枝に咲いている花を見ると、あなたへの真心は昔と変わらないことに気づく』。歌のポイントは「古枝」である、萩の枝はいくら古びようと、そこに咲く花の美しさは不滅だ。詠み人は凡河内躬恒、萩の花に仮託した口説きの文句であ...

朝な朝な露おもげなる萩が枝に心をさへも掛けてみるかな(周防内侍)

今日の歌にも詠まれているが、秋といえばあらゆるものに置くのが「露」だ。ところで主題が変わったことに気づいただろうか? 昨日までは「荻」で今日のは「萩」だ。「くさかんむり」の下が前者は「けものへん」、後者は「のぎへん」であ...

夕まぐれ荻ふく風の音きけば袂よりこそ露はこぼるれ(藤原季経)

昨日ひとつの問題提起を行った。お約束ばかりの個性なき文芸、伝統的和歌に如何なる価値があるのか、と。私の見解を述べよう、実は芸術など表現活動全般に個性を求めることこそ、現代人が抱える思考停止の固定観念なのだ。和歌はそもそも...