青柳の糸よりかくる春しもぞみだれて花のほころびにける(紀貫之)

およそ勅撰和歌集では怒涛の梅の歌群が過ぎたあと、次の桜まで小休止が入る。そこでさらりと詠まれるひとつが、今日の「柳」だ。柳といえば雲竜柳や猫柳もあるが、和歌に詠まれるのは枝垂柳である。これを「糸」に見立て、「よる(撚る)...

春の苑くれないにほふ桃の花した照る道にいで立つ乙女(大伴家持)

「桃の花」。衝撃的な言葉である。特に私のような勅撰集を新古今、古今と下り、万葉へ至った者にはショックが大きい。歴代の勅撰集において、桃なんてものはまず詠まれない。漢詩人はこれに惜しみない愛情を寄せたが、本朝歌人はその対象...

ながめつる今日はむかしになりぬとも軒端の梅はわれを忘るな(式子内親王)

和歌(短歌)という詩形は三十一文字、かつ詠むべき題や言葉は自主規制を設けており、現代のそれが目指す自由とは真逆の不自由極まりない表現である。そこにいかなる価値があるか? という問いは別の議論として、こういうわけだから和歌...

梅の花あかぬ色香かもむかしにて同じかたみの春の夜の月(俊成卿女)

この歌には詩歌の醍醐味が溢れている。何かと言えば、解釈の余地が鑑賞者にほとんど委ねられているのだ。『梅の花のまだ満足もできない色と香り、それはもう昔となって、同じように思い出が残る春の夜の月』。なんだろう、正直なところよ...

梅が香を袖にうつしてとどめては春はすくともかたみならまし(よみ人知らず)

花は散る、春はゆく。それでも花を、春を留めたい。思いはわかる、だがそんなことができようか? ある歌人は答えた、「できる!」と。『香を残すのだ、わが袖に梅の香を。さすれば春は過ぎても、思い出として残しておくことができる。た...

くるとあくとめかれぬものを梅花いつの人まにうつろひぬらむ(紀貫之)

四季はうつろふ。咲いた花は散る、当然のことわりである。でも、いやだからこそ花を惜しむ心はいっそう燃えるのだ。暮れても明けても、目を離さず見ていた梅の花。作者は鑑賞ではなく監視の域に達しているようだ…、にもかかわらず! 花...

峰のかすみ麓の草のうすみどり野山をかけて春めきにけり(永福門院)

京極派の歌はつとめて明るい、そして分かりやすい。『山の峰も麓も薄いみどりが映えて、めっちゃ春めいてきた!』。思わずインスタに投稿したくなるような、誰もが共感できる美しい景色、これが京極派という新風だ。京極歌風はいわゆる「...

梅の花くれなゐにほふ夕暮れに柳なびきて春雨ぞふる(京極為兼)

濃厚な新古今の味わいは、当の定家でさえも長続きしなかった。和歌はまた、つまらぬ常套に帰ってゆく。しかし、希望の光は思わぬ方から差してきた。定家のひ孫為兼による京極派である。定家その子為家亡きあと、御子左家は二条、京極、冷...

大空は梅の匂いにかすみつつ曇りもはてぬ春の夜の月(藤原定家)

定家といえば夜、ことに春のそれがいい。昨日ご紹介した千里の「朧月夜」、この響きだけで艶なる情景を思い描けるのは日本人の幸福だ。これに定家の才知の筆が加わるとこうなる。『あたりの空一面が梅の匂いに霞んでいる。曇りきらない春...

照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしくものぞなき(大江千里)

新古今がなかったら、日本の四季はもっと単調だったかもしれない。後鳥羽院は秋ではなく春の夕べを発見し、定家は同じくおぼろ月に情趣を得た。 『はっきりしない春のおぼろ月夜は最高だ!』、白楽天の「不明不暗朧朧月」をほぼ直訳した...

酒杯に梅の花うかべ思ふどち飲みてののちは散りぬともよし(大伴坂上郎女)

新古今集が好きな人は万葉集も好むが、万葉集が好きな人はたいてい新古今を相手にしない。私の思い込みかもしれないが。さて、ひとえに和歌と言っても、当然ながらさまざまな歌風・表現がある。『花見だ花見、酒もってこんか~い! 死ぬ...

梅が香に昔をとへば春の月こたへぬ影ぞ袖にうつれる(藤原家隆)

日本人として、鎌倉時代初期に「新古今和歌集」という言葉の芸術作品群が生まれたことに驚愕する。それにひきかえ、現代の言葉のなんと貧しいことだろう。しかし一方で、いやそれゆえ新古今はとっつきにくく難しいとされる。私としては、...

梅の花にほひをうつす袖の上に軒もる月の影ぞあらそふ(藤原定家)

これまでの梅歌をつうじて、詠み方の傾向というものが掴めただろう。匂いの風雅さらに雪や鶯との取り合わせ、実のところ梅に限らず和歌では、ひとつのモチーフに対してそれがもっとも美しく映える場面が規定されているのだ。ちなみに桜の...

春ごとに心をしむる花の枝にたがなほざりの袖かふれつる(大弐三位)

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という言葉があるが、これはなにも袈裟(=モノ)に収まらない。憎ったらしいその人を連想するのなら、「匂い」だって苦々しい存在となるだろう。それが優雅な梅の香りであっても。 今日の歌は、昨日の定頼...