ホトトギス人まつ山に鳴くなれば我うちつけに恋まさりけり(紀貫之)

さて、ようやく和歌らしいホトトギスの声調が聞けた。『ホトトギスが松の山で鳴き始めると、愛しい人を待つ、私の恋心はむしょうに掻き立てられる』。歌中に「恋」の文字が見えるように、実のところこれは初夏の叙景に寄せた恋の歌だ。よ...

五月闇くらはし山のホトトギスおぼつかなくも鳴きわたるかな(藤原実方)

「五月闇」は五月雨(さみだれ)が降るころの夜まれに昼の暗さを言う。歌中の「倉橋山(くらはしやま)」は奈良県桜井市倉橋付近の山だろう、耳慣れないが古歌では時おり詠まれて記紀歌謡にも名が残る※。しかしここでは山の場所など意に...

聞かずともここをせにせむホトトギス山田の原の杉の群立ち(西行)

ホトトギスといえば、松浦清の「甲子夜話」に載る川柳三句が特に知られるだろう。こう言って分からなければ鳴かぬホトトギスを信長、秀吉、家康の天下人がいかにするか、三者三様が歌われたアレだ。それでいくと今日の歌は家康の趣向に最...

待ちかねて訪ねざりせばホトトギスだれとか山のかひになかまし(源俊頼)

この度やむなくホトトギスを片仮名表記にしている。古今集最古の写本とされる高野切れなどは全て平仮名(変体仮名含む)で和歌を書写しているが、私は可読性を優先して要所で漢字を用いている。ホトトギスもそうしたかったのだが、これを...

我がためと聞きやなさましホトトギスぬし定まらぬ己が初音を(冷泉為相)

『私のためと聞いてもいいだろうか? まだ主が定まらないホトトギスの初音を』。初音といえばミクではなくて「鶯(うぐいす)」であるとご紹介したが、まあこのようにホトトギスに使っても構わない。鳥であれ花であれ風であれ! 時節の...

うちしめり菖蒲ぞ香るほととぎす鳴くや皐月の雨の夕暮れ(藤原良経)

昨日に続いて良経の菖蒲である。そしてこれこそ後京極摂政良経、渾身の一首である。 まず詞(ことば)、二句で切れて三句目で場面を転換、間髪入れずに四句目を倒置している。かつ結句を上下両方の情景に関係させ一首を統合、巧みな構成...

忘れめや葵を草にひき結びかりねの野辺の露のあけぼの(式子内親王)

今日までの葵歌でこれが「逢う日」に掛かり、また御神紋である「賀茂神社」と縁が深いことがお分かり頂けただろう。ところで賀茂神社といえば、和歌ファンであれば彼女を思い起こさずにいられない、「式子内親王」だ。 式子は十代の多感...

古へのあふひとびとは咎むともなほそのかみの今日ぞ忘れぬ(藤原実方)

昨日ご紹介したように「葵」は大抵「逢う日」と掛けられる、ゆえにその歌は恋になる傾向が高い。今日も恋の部から、出展は新古今和歌集である。『前に関係した女どもは怒るかもしれんなぁ、でも昔の祭りで出会った女、あいつはまじで別格...