八番「わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人はいふなり」(喜撰法師)~ 百人一首の物語 ~

八番「わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人はいふなり」(喜撰法師) さて、ふたたび謎の歌人が登場、喜撰法師である。その名、百人一首に採られた歌からも坊主であることはわかる。古今集仮名序において六歌仙の一人に祀り上げ...

七番「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」(阿倍仲麻呂)~ 百人一首の物語 ~

七番「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」(阿倍仲麻呂) 百人一首のなかでもいや真砂のごとき和歌にあって、これほど愛唱される歌はないだろう、七番「天の原」である。 作者仲麻呂はあらためて説明するまでもない...

六番「かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける」(大伴家持)~ 百人一首の物語 ~

六番「かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける」(大伴家持) 大伴家持といえばその歌が万葉集に四百七十首ほど採られ、実質的な編纂者と目される人物。政治家としては受難の道を歩んだが、歌人として万葉の草々を文芸...

五番「奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」(猿丸太夫)~ 百人一首の物語 ~

五番「奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」(猿丸太夫) 百人一首に深刻な撰歌不審を招いた要因のひとつが、正体不明歌人の存在だろう。天智・持統天皇に始まり、歌聖人麻呂、赤人と流麗にながれてきたものが突然、猿...

四番「田子の浦にうち出てみれば白妙の富士の高嶺に雪はふりつつ」(山部赤人)~ 百人一首の物語 ~

四番「田子の浦にうち出てみれば白妙の富士の高嶺に雪はふりつつ」(山部赤人) 古今集仮名序では人麻呂と並び評される歌の聖、かの大伴家持をして「山柿の門」と憧憬をもって讃えられるが、これは少々色がつきすぎだろう。やはり柿本人...

三番「あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む」(柿本人麻呂)~ 百人一首の物語 ~

三番「あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む」(柿本人麻呂) 序で述べたが、あらためて百人一首とは「平安王朝の物語」である。これを章立てした場合、冒頭から十二番まではさしずめ「王朝の幕開けと伝説歌人」...

二番「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」(持統天皇)~ 百人一首の物語 ~

二番「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」(持統天皇) 持統天皇はご存知のとおり天智天皇の娘である。叔父である天武天皇の妃となり草壁皇子を生んだ。天智・持統のように百人一首には親子がなんと十八組、三十五人も存...

一番「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」(天智天皇)~ 百人一首の物語 ~

一番「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」(天智天皇) 言わずもがな、百人一首の一番歌である。「後撰和歌集」秋中に収められるが「万葉集」巻十において類歌がみえる※1。五穀豊穣に言寄せる理想的天皇を仰いで...

百人一首とは「王朝の栄枯盛衰 物語」である!

百人一首は和歌史におけるレジェンド、藤原定家が選出した和歌のベストオブベストです。いわゆる百首歌というのは珍しくないのですが、それらはたいてい一人で百首詠んだもの。定家の百人一首はその名のとおり、百人の歌がそれぞれ一首ず...