さくら花夢かうつつか白雲のたえてつれなき峰の春風(藤原家隆)

『桜の花が見えたのは夢か現実か。白雲の花は消えてしまった。峰には花を散らす春風が吹いている』。難解な新古今歌のなかでも特にそうであるような歌だ。詠み人の家隆は定家のライバルとして知られるが、どちらがより新古今歌的かと問わ...

さくら花ちりぬる風のなごりには水なき空に浪ぞたちける(紀貫之)

『桜の花が散った風の後には、水のない空に浪が立っているようだ』。適訳はこうだが少々説明を加える。まず花の色を見立てて「白浪」とする場合がある、これは桜の花が風に舞い散って白浪が立っているように見える、水なんてない空なのに...

花さそふ比良の山風ふきにけり漕ぎゆく舟のあと見ゆるまで(後鳥羽院宮内卿)

宮内卿はわずか20歳にして亡くなったと言われる夭折の歌人、残る歌も少ないがそれでも勅撰集に四十三首採られた名手だ。彼女の歌風は唯一無二といった感じで、独特の感性が際立っている。表現多彩な現代短歌と比較してしまえばさほどで...

今日こずは明日は雪とぞ降りなまし消えずはありとも花と見ましや(在原業平)

『お前んちの桜、今日来なければきっと明日は雪のように散ってしまうだろうよ。そりゃ本物の雪じゃないから消えないと思うけど、そんなの花と言えるかい?』 唐突感があったと思う。それもそのはず、この歌はある女主人への詠みかけに応...

吉野山こぞの枝折りの道かへてまだ見ぬかたの花をたづねむ(西行)

そろそろ桜も散り始めた。春夏秋冬四時を越えてようやく出会えた花の中の花、次に相見るのはいつであろうか? もちろん一年後、また苦しい年月を経ねばならない… と、普通の人間は安易に考えることだろう。だがこの人は違う、西行とい...

花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに(小野小町)

昨日の友則に続き、百人一首にも採られた桜歌である。この歌で和歌の魅力に憑りつかれた人も多いかもしれない、なぜなら私がその一人なのだ。和歌は「詞」と「心」によって構成される、そしてこのふたつがバランスしてこそ歌は「いい歌」...

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ(紀友則)

桜の和歌というと、まずこの歌を思い浮かべる人も多いのではなかろうか。百人一首にも採られ中学校の教科書にも載る紀友則のいや和歌の代表歌だ。「穏やかで長閑な春の日」と「慌てるように散ってゆく桜」、この対比が見事に詩情を生み出...

山里の春の夕暮れきてみれば入相の鐘に花ぞ散りける(能因法師)

能因といえば西行に先んじた旅の歌人、「古今著聞集」にある白河の関の逸話で有名だ。修行のため陸奥へ行った、と嘘をついて詠んだ歌※。それがバレないように色を黒く塗った(日焼けのつもり)というやつだ。なかなかチャーミングなお人...

花の上にしばしうつろふ夕づく日入るともなしに影きえにけり(永福門院)

これぞ京極派! というべき手本のような歌だ。『桜の花びら、そのうえにやわらかく夕日が差す。それは束の間、日は瞬く暮れてその影は消えてしまった』。微妙で繊細、京極派が歌わなければだれも気づかなかったような美。これを行き詰ま...

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、神無月)10/27(日)9:50~11:50