絶望との対峙方法 ~新古今和歌集とフィッシュマンズ~

和歌には共通のあるテーマが内包されています。 84「久方の光のどけき春の日に しづ心なく花のちるらむ」(紀友則) 113「花の色はうつりにけりな いたづらにわか身世にふるなかめせしまに」(小野小町) いずれも百人一首に採...