西行花伝

西行の歌集は多く出版されていますが、西行が主人公の小説は珍しいのではないでしょうか。
西行は新古今和歌集で最も多く入選している、平安末期の代表的な歌人です。
「願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃」とは西行の人生が凝縮されたような歌ですが、平安末期~鎌倉初期という激動の時代を美に捧げた西行の生きざまが美しく描かれています。


西行花伝 (新潮文庫)
辻 邦生

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->