【和歌マニア(第22回)】アーティスト特集「西行と桜」

みんなの憧れ! 歌に人生を捧げた西行。今回は西行が陶酔した「桜」の歌を大特集します。実景を詠んだ西行の歌はやけにジーンとくるなぁ。ろっこ曰く、西行はオーガニックで平安のバックパッカーである!

♪放送で紹介した和歌
「願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ」(西行)
「おぼつかな いづれの山の 峰よりか またるる花の 咲きはじむらん」(西行)
「吉野山 こずゑの花を 見し日より 心は身にも そはず成りにき」(西行)
「花にそむ 心のいかで 残りけん 捨てはてきと 思ふ我か身に」(西行)
「雪とみえて 風に桜の 乱れるは 花のかさ着る 春の夜の月」(西行)
「春風の 花を散らすと 見る夢は さめても胸の 騒ぐなりけり」(西行)