【百人一首の物語】二十三番「月見れば千々にものこそ悲しけれ我が身一つの秋にはあらねど」(大江千里)

二十三番「月見れば千々にものこそ悲しけれ我が身一つの秋にはあらねど」(大江千里)

念のため断っておくが千里は「ちさと」と発する。間違って「せんり」などと読めば格好悪いふられ方をされてしまうやもしれんのでご注意いただきたい。

さて、冗談は捨ておいて大江千里である。千里と言えばこの秋でなく新古今に採られた春の朧月※1の方が知られていよう。源氏物語八帖「花宴」、「朧月夜に似るものぞなき」と女に引かれて以来、名歌として広く愛唱された。
実はこれら月の歌、そもそもは漢詩を素材とし和風にアレンジしたものであった。端的に千里とは漢詩の和歌との橋渡しを為した人であったのだ。本朝初の勅撰集編纂の前夜、千里が果たした役割は小さくなかったが、一方でその評価はあくまでも学者としてであり、決して歌人ではない。百人一首歌を見よ、下句「私一人だけの秋ではないけれども…」とはなんという言いぐさか、私など寒気さえ覚える。
歌人ならば秋を独り占めしたいと思うのが当然だ、事実、典拠とされる白楽天の絶句※2は「私のための秋」と結んでおり、本来風雅なる人間は揃ってそう願うはずだ。それがこの百人一首歌では真逆に訳されている。大学者大江千里のこれが限界であろう、無念だ。

※1「照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしくものぞなき」(大江千里)
※2「燕子樓中霜月夜 秋來只爲一人長」(白楽天)

(書き手:和歌DJうっちー)

「百人一首の物語」一覧


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!