三十三番「ひさかたの光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ」(紀友則)~ 百人一首の物語 ~

三十三番「ひさかたの光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ」(紀友則)

この歌、百人一首のなかでも格別の一首と目される。穏やかな春のひかりの中で、花だけが慌ただしく散ってゆく情景、素直な写生に共感を寄せつつも頂いた評点はいささか過大であって、それは和歌というものが理知に侵されていることを明らかにしよう。
とはいえこの歌に理知がまったくないかといえばそれも嘘で、例えば和漢朗詠集に採られた白詩※1にもみられるように桜にあたかも感情があるかのごときレトリックは凡庸な技巧のひとつであった。

しかし、それでもこの三十三番には人知れぬ感慨がある、それは詠み人友則という人の運命だ。晴れて従弟の貫之とともに初の勅撰集編纂の任に選り抜かれ、そのリーダーとして誉れを給うはずが完成を目前にして没してしまう、なんという虚しさ。

古今集には残された撰者らによる哀傷歌※2,3が残り、彼らの喪失感を僅かに知ることができる。

「静心なく花の散るらむ」。私にはこの歌、友則への哀傷歌とさえ聞こえる。そして同じことを思って定家もこの百首歌に撰んだのではないだろうか。

※1「落花不語空辞樹 流水無情自入池」(白)
※2「明日知らぬ我が身と思へど暮れぬ間の今日は人こそかなしかりけれ」(紀貫之)
※3「時しもあれ秋やは人の別るべきあるを見るだに恋しきものを」(壬生忠岑)

(書き手:和歌DJうっちー)

「百人一首の物語」一覧


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!