【百人一首の物語】百番「ももしきや古き軒端のしのぶにもなをあまりある昔なりけり」(順徳院)

百番「ももしきや古き軒端のしのぶにもなをあまりある昔なりけり」(順徳院)

百人一首を締めくくる歌人、順徳院。後鳥羽院の第三皇子で父院の多大な影響のもと、和歌をはじめ詩歌管弦また有職故実の研究に心血を注ぎました。その成果の最大が「八雲御抄」で、歴代の歌学を集大成した歌論書は中世歌論の基盤となり、後世に残る偉大な資料となりました。

承久の乱における順徳院ですが、兄の土御門がほとんどこれに関与しなかったのに対し、順徳は後鳥羽とともに倒幕計画を進めたといいます。顛末はご存知のとおり、順徳は佐渡に流され、父と同じく二度と都の土を踏むことはできませんでした。(土御門の阿波への配流はみずから望んでのことのようです)

承久の乱の衝撃は後鳥羽、順徳が敗れたことよりも、戦後処理として幕府が院と天皇を配流に処したということでしょう。当時(院政期)、天皇を選定する人事権は治天の君にありました、それが幕府に奪われて、あろうことか治天の君が処罰されてしまったのです。それだけではありません、幕府は京都に六波羅探題を置き西国の守護を東国の有力御家人にすげ替えてしまいました。これで武家の勢力は全国に浸透、国家権力そのものを幕府が掌握するに至ったのです。
承久の乱の結果によって公家と武家の権力は完全に逆転、平安王朝の輝きは完全に過去のものとなってしまいました。

「宮中の古びた軒端の忍草を見るにつけても、しのんでもしのびつくせないほど思い慕われてくるのは、あの古き良き御代なのだ」

言うまでもなく古き軒端の忍草は皇室の暗喩。じつのところ順徳院がこれを詠んだのは承久の乱の五年前、若干二十歳の頃でした。しかし彼の眼に皇室の権威はすでに過去のものとなっていて、この絶望感が彼ら親子を無謀な挙兵に至らせたのでしょう。結果的にこれが王朝栄華の歴史に完全なピリオドを打つことになってしまいました。

ところで順徳院がしのびつくす「昔」とは、一般的に延喜天暦(醍醐、村上朝)の聖代が想定されるのですが、百人一首の撰者としては天智、持統朝にも思いを馳せていることでしょう。
平安王朝の礎たる一番の天智天皇からはじまった皇室の栄華の歴史、百番の順徳院によって締めくくられ、百人一首という壮大な栄枯盛衰の物語はここに完結です。

(書き手:和歌DJうっちー)

「百人一首の物語」一覧


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->