四番「田子の浦にうち出てみれば白妙の富士の高嶺に雪はふりつつ」(山部赤人)~ 百人一首の物語 ~

四番「田子の浦にうち出てみれば白妙の富士の高嶺に雪はふりつつ」(山部赤人)

古今集仮名序では人麻呂と並び評される歌の聖、かの大伴家持をして「山柿の門」と憧憬をもって讃えられるが、これは少々色がつきすぎだろう。やはり柿本人麻呂こそが、和歌における唯一の絶対だ。

しかしそれでも赤人の存在は大きい。人麻呂以後、宮廷には笠金村や車持千年らの巧みが続々現れたが、後世にほとんど名前を残せなかった。彼らは人麻呂の亜流としか見られなかったのだ。
赤人は違う。拾遺和歌集において早々に勅撰集に復帰し、このように定家によって人麻呂のペアに撰ばれるに至った。なぜか。

実のところ人麻呂と赤人で、同じ従駕の歌でも感動の源泉がまったく違う。前者が神代から続く歴史にあれば、後者は率直な自然風景にあった。つまり赤人は、個人的主観の目で客観的写実を描いた第一の歌人であったのである。

百人一首歌は万葉集収録を新古今に採ったものだが、赤人評価のクライマックスはまさにこの頃にあったといえよう。繊細な写生の目を取り戻しつつあった新古今歌人において、赤人の歌は打ち破るべき大きな目標であったのだ。

もうひとつ、誰も言わないが赤人が和歌史において成し遂げた大事件がある。それは長歌を駆逐したことだ。

特筆不要であろうが人麻呂の時代、歌といえば長歌であった。それは歌に呪術的な力を認めていたためだ。持統朝と聖武朝という時代背景の違いもあろう、だがそれを差し引いても赤人こそが歌を純粋な文芸と認識した結果、無価値な言葉の羅列を不要とし、三十一文字に美を凝縮した最初の人であった。
赤人がこれを意識したか否か知るべくもないが、まさに彼の百人一首歌、万葉集に載る「不尽ふじの山を望みる歌一首(長歌)并せて短歌」※をみれば自ずとわかる。

※「天地の 分かれし時ゆ 神さびて 高く貴たふとき 駿河なる 富士の高嶺を 天の原 振り放さけ見れば 渡る日の 影も隠ろひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくぞ 雪は降りける 語り継ぎ 言ひ継ぎゆかむ 富士の高嶺は」
反歌
「田子の浦ゆ 打ち出て見れば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける」
(山部赤人)

(書き手:和歌DJうっちー)

「百人一首の物語」一覧


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。