百人一首の歌人列伝(業平、定家に西行…人気二十歌人の面白エピソードと代表歌を知ろう! )

※完売につき販売終了となりました。 令和和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」! 百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。 これ...

「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

※完売につき販売終了となりました。 「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。 ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか? おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始して...

【歌会、和歌教室】古今伝授と茶飲み連歌会(歌始めの巻)

これまで幾度の「わくわく和歌ワークショップ」をつうじて気づいたことがあります。 それはお集まりいただく方々が一様に「数寄者」だということ、 そして同時に現代には「数寄を楽しむ場がない」ということです。 「茶道」やその他芸...

【和歌マニア(第51回)】「茶道と和歌のちょっといい話」その2

前回に引き続き武家茶道の熟達者で日本文化ツウの春宮宗淳さんをお招きして、お茶や連歌・連句のお話で盛り上がりました♪ 抹茶だけじゃない、玉露に煎茶を楽しもう。短い時間で連歌を楽しむうっちーの秘訣とは!? 代表的な古典作品に...

絶句連歌「かささぎ」

去る12月24日に催した「古今伝授と茶飲み連歌会(師走の巻)」において仕上がった、二折の絶句連歌をご紹介します。 ※「絶句連歌」とは、漢詩の絶句さながらに「起」「承」「転」「結」の四句からなる、和歌所オリジナルの連歌形式...

【和歌マニア(第50回)】妄想女子の恋歌日記(恋飽きられる11月の巻)

古今集の恋歌を現代の妄想女子が日記にしてみた。今回はひさびさに、ろっこさんの語りでお送りする恋歌日記! 恋する男に裏切られた妄想女子は何を思うのか? 前回に引き続き日本文化ツウの春宮宗淳さんと一緒にお送りします。お茶は恋...

「妄想女子の恋歌日記」~恋終わりの12月の巻~

●12月9日 時雨の夜、突然彼から電話があった でもお互いに交わす言葉もなくて、 聞こえるのは 傘を持たない私に降る 冷たい雨音だけ 分かってるよ 「別れよう」って言いたいんでしょ? でも聞きたくない 心変わりしたあなた...

「妄想女子の恋歌日記」~恋飽きられる11月の巻~

●11月某日 学校からの帰り道。 家の近くのあぜ道なら誰にも見られないって、 初めて手をつないだ夏の日。 ずっとずっと、一緒にいられると思ってた。 秋風が吹き付ける。 あぜ道を行くのは私一人。 田の実と、彼を頼みにしてい...