和歌の入門教室 特別編 「古今和歌集 四季の景物一覧表」

古今和歌集の四季歌(春夏秋冬)で登場する主要な景物をリストアップし、詠み出し順に並べました。 これで四季の変化を表する対象とその流れが一目瞭然です。 また「花」「気象」「鳥獣」に分類しているので、歌を詠む際に「霧に紛れる...

和歌(習志野)「引き別れ 涙にそぼつ 袖ヶ浦 恨めど寄せる 思いこそすれ」

「ひきわかれ なみだにそぼつ そでがうら うらめどよせる おもいこそすれ」(和歌DJうっちー) 「袖ヶ浦」は習志野市臨海部に位置する町名。 住宅地を京葉道路が分断する。 ※「引く」、「寄せる」は「浦」の縁語 ※「そぼつ」...

和歌(平成題詠)「世の中を 鈍色に染む 五月雨は ひと花がため 白玉となる」

【五月雨】 「よのなかを にびいろにそむ さみだれは ひとはながため しらたまとなる」(和歌DJうっちー) 六月になり、梅雨入りも間近です。 さみだれは「五月雨」と書きますが、梅雨の雨のことです。旧暦が故に生じる混乱のひ...

和歌(平成題詠)「焼け付いた アスファルトを 切り裂いて 朗らに伸びる タンポポの花」

【タンポポ】 「やけついた あすふあるとを きりさいて ほがらにのびる たんぽぽのはな」(和歌DJうっちー) タンポポは軽視されてやしないか あの「生命力」、あの見事な「変容」、そして何よりあの鮮やかな「黄色」 まことに...

「源氏物語」訳本

今回は、お勧めの「源氏物語」訳本をご紹介します。 漫画や「○日で読破」という簡易な本で得られることはやはりそれなりです。 いろんな方が訳本を出しているので、ざっと読み比べ、文体など自分の好みにあった訳本を読んでみるといい...