【百人一首の物語】五十九番「やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな」(赤染衛門)

五十九番「やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな」(赤染衛門)

あなたが来ないことを知っていたら、ためらわず寝てしまったものを。ほれこのとおり、夜明けの月を見るまで待ってしまいました。
和歌で夜明けに残っている月つまり「有明月」は待つ女のほとんど象徴ですが、百人一首で前述の二十一番(素性法師)、三十番(壬生忠岑)はともに男が女になりきって詠んでいます。あとには八十五番(俊恵法師)なども類似のシチュエーションですが、どうやら「待つ女」というのは男性歌人が惹かれるモチーフであったようです。だからでしょうか、じつのところが男連中は待たせる方なので、詠まれた歌は感情にとぼしく、どちからといえばのんびりと朝げの月を眺めているような印象。ただ、それでいうと女が詠んだはずのこの五十九番もきわめて牧歌的な気分であるのは、歌が代作であったからです。

詠み人は赤染衛門、詞書によると、歌は自身の姉妹に代わって詠んだものでした。
赤染衛門は和泉式部や紫式部とおなじく中宮彰子に仕えた女房、かなりのやり手だったようで、例の紫式部日記には「まことにゆゑゆゑしく、歌詠みとて、よろづのことにつけて詠みちらさねど、聞こえたるかぎりは、はかなきをりふしのことも、それこそ恥づかしき口つきにはべれ(たいそう奥ゆかしく気品があって、歌なんてこちらが恥ずかしくなるくらい素晴らしいです)」とこのとおり。嫌味を言わせたら平安一の紫式部もひれ伏すほどです。

赤染衛門は夫の大江匡衡と仲むつまじいおしどり夫婦としても知られ、先の日記には「宮、殿などのわたりには、匡衡衛門とぞいひはべる」、つまり旦那の名前を取って「匡衡衛門」なんて呼ばれていたみたいです。とかく不幸な恋愛談が多い平安女性にとって、赤染衛門はさぞあこがれの女性だったのかもしれません。また、こんな彼女の実情からすると、「男に待ちぼうけをくらう」なんてことはなかったのかもしれませんね。

(書き手:歌僧 内田圓学)

「百人一首の物語」一覧

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese