『一首一会』(十月二十三日)古典和歌の朗読と解説

「野辺染むる雁の涙は色もなしもの思ふ露の隠岐の里には」(後鳥羽院)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!