『一首一会』(十二月八日)古典和歌の朗読と解説

「朝日さす氷のうへの薄煙りまだ晴れやらぬ淀の川岸」(藤原良経)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->