手習い歌「難波津」と「安積山」

ピアノ初心者がカノン(パッヘルベル)を練習曲とするように、かな書にも「手習い歌」というものあります。

「難波津に さくやこの花 冬ごもり いまは春べと さくやこの花」
「安積山 かげさへみゆる 山のゐの 浅きこころを 我がおもはなくに」

「この二歌は歌の父母のやうにてぞ手習ふ人のはじめにもしける
古今和歌集(仮名序)

かの源氏物語の中にも、「難波津」を手習いとしてるシーンがあります。

「まだ難波津をだに、はかばかしう続けはべらざめれば、かひなくなむ」
 若紫(紫の上)がまだ難波津さえ上手く書けないので…
源氏物語(若紫)

私たちも古典の伝統に倣い、まずはこの二首から練習をしてみましょう。

(書き手:和歌DJうっちー)