ラジオ 和歌マニア

【和歌マニア(第22回)】アーティスト特集「西行と桜」

みんなの憧れ! 歌に人生を捧げた西行。今回は西行が陶酔した「桜」の歌を大特集します。実景を詠んだ西行の歌はやけにジーンとくるなぁ。ろっこ曰く、西行はオーガニックで平安のバックパッカーである! ♪放送で紹介した和歌 「願わ
...続きを読む
ラジオ 和歌マニア

【和歌マニア(第五回)】三夕の和歌 ~秋の夕暮れベスト3~

「秋の夕暮れ」で終わる寂連、西行、定家の三首。ウッチーによる話し言葉の現代訳が分かりやすい! 色もなき秋の夕暮れとは? 西行の心なき身にとは? なんと、古今集と新古今集の秋の夕暮れの違いは末法思想のため? 定家の挑戦、な
...続きを読む
ラジオ 和歌マニア

【和歌マニア(第三回)】和歌のグレイテスト・ヒッツ!

ろっこ(rocco)の仕事「ジャパニーズカルチャー講師」ってなに? 前衛芸術家「藤原定家」、伝説の歌人「西行」のエピソード。和歌のデビュー曲「スサオノミコト」の歌。和歌とは日本文化の源泉であり、退屈な暗記科目では決してな
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

西行 ~自由と戦った数寄人(桜狂いの巻)~

西行は平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した歌人です。 貴族が衰退し、武家が台頭してくるこの時代は、和歌が文化の中心として最後かつ最大の輝きを放っていた時代です。 その輝かしい時代に編纂された勅撰集「千載和歌集」には西行の
...続きを読む
古今和歌集のすごい秘密

日本人なら覚えたい和歌のグレイテスト・ヒッツ10!

「やまとうたは、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。」 紀貫之による古今和歌集の仮名序、冒頭の名文句です。 人の心からなる和歌は、まさに数えられないほど詠まれてきました。 今回はその膨大な楽曲の中から、和歌フ
...続きを読む
古今和歌集のすごい秘密

三夕の歌 ~秋の夕暮れベスト3~

和歌に限らず、秋の歌には心に沁みる名歌が多いと思いませんか? 個人的には童謡の「まっかな秋」や「紅葉」などを聞くと、幼少の思い出もオーバーラップして強い哀愁に襲われます。 実はこれらの多くの秋の名歌には共通点があります。
...続きを読む
千葉 習志野

和歌(習志野)「谷津干潟 貫く喧騒 音もなく 羽掻く鴫の 秋の夕暮れ」

「やつひがた つらぬくけんそう おともなく はねかくしぎの あきのゆうぐれ」(内田かつひろ) 谷津干潟は、習志野市谷津にある約40haの干潟です。 東京湾の干潟は高度経済成長期にそのほとんどが埋め立てられてしまいました。
...続きを読む

西行花伝

西行の歌集は多く出版されていますが、西行が主人公の小説は珍しいのではないでしょうか。 西行は新古今和歌集で最も多く入選している、平安末期の代表的な歌人です。 「願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃」とは西行
...続きを読む