ラジオ 和歌マニア

【和歌マニア(第15回)】雪の歌セレクション

2017年一発目スタート! 冬にも花があった…それは「雪」! 平安歌人の美しい感性で詠まれた冬の花の歌をご紹介します。でもその雪ほんとうに美しい? 英語マスターのろっこが力説、日本の外にいる方が日本文化の良さが分かる!
...続きを読む
ラジオ 和歌マニア

【和歌マニア(第14回)】アーティスト特集「紀貫之」

古今集選者のリーダーでありひいては日本文化人の代表格である紀貫之の歌を大特集! 貫之は以外にも崖っぷち貴族だった! 古今和歌集の一割がなんと貫之の歌。ろっこの妄想爆発☆貫之は理系だった? 和歌は今にも生きている、貫之筆の
...続きを読む
和歌を知る

貫之様にインタビューしてみた ~古今和歌集 仮名序妄訳~

みなさまこんにちは、平成和歌所を運営しております内田かつひろです。 今日はスペシャルゲストにあの「○貫之」様をお招きしました。 古今和歌集に対する思いをいろいろと聞いてみたいと思います。 内田かつひろ ※以下(か):こん
...続きを読む
和歌を知る

日本人なら覚えたい和歌のグレイテスト・ヒッツ10!

「やまとうたは、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。」 紀貫之による古今和歌集の仮名序、冒頭の名文句です。 人の心からなる和歌は、まさに数えられないほど詠まれてきました。 今回はその膨大な楽曲の中から、和歌フ
...続きを読む
和歌を知る

百人一首はなぜつまらないか(百人一首その1)

百人一首といえば和歌に興味がなくても知っている方は多いでしょう。 ただそれはカルタ遊びとしてかもしれませんが、和歌文化を今に残すという意味では極めて重要な存在です。 百人一首は和歌界の偉人、藤原定家が選出した和歌のアンソ
...続きを読む
和歌を知る

日本美の幕開け! 年内立春の歌に紀貫之の本気をみた

古今和歌集の第一、「春上」部の第一首。 1「年の内に 春はきにけり ひととせを こぞとやいはむ 今年とやいはむ」(在原元方) 年内に立春が来た。この一年を去年と言おうか、今年と言おうか、という歌です。 これは古今和歌集い
...続きを読む
和歌を書く

古今和歌集 恋歌残酷物語 その30「恋はまぼろし」

724「陸奥の しのぶもぢずり たれゆゑに みだれむと思ふ 我ならなくに」(源融) 725「おもふより いかにせよとか 秋風に なひくあさちの 色ことになる」(よみ人しらす) 729「色もなき 心を人に そめしより うつ
...続きを読む
和歌を知る

古今和歌集とは

古今和歌集は日本文化のバイブル! 古今和歌集は醍醐天皇の勅命により、紀貫之、紀友則、凡河内躬恒、壬生忠岑によって編纂された最初の勅撰和歌集。 ここに収められた1100首の心・姿は日本文化の規範となり、今に至るまで影響を与
...続きを読む
12