源氏の恋文「からころも」

「からころも君が心のつらければ 袂はかくぞそぼちつつのみ」 本当にあなたは薄情なお人。 ご自分の事しか頭にないのですね。 いつも思い慕って鳴いてばかりおります。…

源氏の恋文「紫の少女」

「ねは見ねどあはれとぞ思ふ武蔵野の 露分けわぶる草のゆかりを」 あなたのことを真剣に考えています。 この思いに偽りがないこと、あなたが一番分かっているはずですよ…

源氏の恋文「山桜の結び文」

敬愛なる尼君 あなたは冗談だとお思いかもしれない だが私は本気です 「面影は身をも離れず山桜 心の限りとめて来しかど」 あの紫の少女の姿が頭から離れないのです …

源氏の恋文「黄昏の夕顔」

お便りありがとうございます。 こんなにも美しく書き流した文は見たことがありません。 あなたからの恋文と受け取ってよいのでしょうか? 「寄りてこそそれかとも見め黄…

源氏の恋文「夕顔の花」

突然お手紙を差し上げます非礼をお許しください。 あなたは私のことを知らないでしょうね。 でも、私はあなたのことを知っています。 あてのない噂ばかりですけど。 「…

「源氏物語」訳本

今回は、お勧めの「源氏物語」訳本をご紹介します。 漫画や「○日で読破」という簡易な本で得られることはやはりそれなりです。 いろんな方が訳本を出しているので、ざっ…