【和歌マニア(第25回)】アーティスト特集「源実朝」

鎌倉三代目将軍であり、貴重な関東の有名歌人。大らかで素朴が実朝歌の特徴、しかしその人生は悲劇そのもの。鎌倉探索にはぜひ実朝の歌集「金槐和歌集」をお供にどうぞ。 →「北鎌倉の桜散策 ~実朝を探して~」 ♪放送で紹介した和歌
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

源実朝 ~鎌倉の海にぶつけた青春~

源実朝は鎌倉幕府の第三代征夷大将軍。 京の公卿、坊門信清の娘である信子を正室に迎え、武士として初めて右大臣に上りました。 ちなみに平清盛は太政大臣という太政官の最高職に就きましたが、太政大臣は名誉職のようなもので実権はあ
...続きを読む
古今和歌集のすごい秘密

絶望との対峙方法 ~新古今和歌集とフィッシュマンズ~

和歌には共通のあるテーマが内包されています。 いずれも百人一首に採られた有名な歌、 84「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花のちるらむ」(紀友則) 113「花の色は うつりにけりな いたづらに わか身世にふる 
...続きを読む