V系 恋歌

和歌(V系恋歌)「久方の 空に消えゆく 月影に 君の幼き 面影を見ゆ」

「ひさかたの そらにきえゆく つきかげに きみのおさなき おもかげをみゆ」(内田かつひろ) 求めても、求めても、得ることは出来ない。残るのは後悔の念。Cry For The Moon。 【本歌】 黒夢『Miss MOON
...続きを読む
V系 恋歌

和歌(V系恋歌)「偽りの 薔薇の花束 抱きしめて 孤独に濡らし 紅に染む」

「いつわりの ばらのはなたば だきしめて こどくにぬらし くれないにそむ」(内田かつひろ) 幻覚の愛に苦しみ悶える。 繰り返す孤独にもう耐えきれない。 何処かにこの苦しみを愛せる場所はあるのか? 【本歌】 XJAPAN『
...続きを読む

和歌(V系恋歌)「長雨の ふるえる身体 包まなむ 過ぎさりし日と 記憶の薔薇に」

「ながあめの ふるえるからだ つつまなむ すぎさりしひと きおくのばらに」(内田かつひろ) V系に欠かせない花、それはやはり「薔薇」。 その妖艶な色と香が愛しい人の記憶を優しく包む。 それは古今和歌集の「梅」のよう。 春
...続きを読む

和歌(習志野)「あかねさす 習志野の浜 千鳥なく ゆくへもしらぬ あとをととめて」

「あかねさす ならしののはま ちとりなく ゆくへもしらぬ あとをととめて」(内田かつひろ) 歌意:「あかねさす」は枕詞。習志野に掛かる枕にしたいという企ててです。 本歌:古今和歌集996「わすられむ時しのへとそ浜千鳥ゆく
...続きを読む

和歌(奥出雲)「霞たち このめもはるの 光さし 軒にしだれる 花そかかやく」

「かすみたち このめもはるの ひかりさし のきにしだれる はなそかかやく」(内田かつひろ) 歌意:立春の頃、暖かくなり始めた日が差し込こむと、軒の氷柱が輝きながら少しずつ溶けていくのであった。 本歌:霞たちこのめもはるの
...続きを読む