あさぎいろ連歌会「夕立雲の巻」

2017年6月25日、2017年7月23日
半歌仙+4
於銀座
※比較的に伝統的な連歌にまとまりました。ご参加の皆様の好みが現れますね。

発句 夕立の 雲もとまらぬ 夏の日の 式子内親王
かたち崩れる ソフトクリーム かつひろ
第三 とけちゃうの あなたを思い 空の果て 竹ぼうき
逢わない夜に 袖ぬらしつつ 月乃
我ひとり 月はさえざえ 澄みわたり
砂漠を歩む 旅の姫さま かつひろ
橘の 香りの方へ 進みゆく 月乃
心安らぐ 夢としあらば
まったりと 午後のコーヒー もう一杯 かつひろ
彼と行きたい 箱根温泉 月乃
十一 関守が 行くへ止める この道を
十二 かささぎのせに 橋ぞわたらむ 竹ぼうき
十三 月の使者 しっかり渡る 天の川
十四 文を届けよ 空駆ける雁 月乃
十五 受けとりし 思い出つのる 恋心
十六 せき止め仰ぐ 宵まちの影 のぞみ
十七 おぼろなる かんばせの 桜花
十八 かの日見たるが 陽炎に立つ
十九 うぐいすの 声枯れてわれ 悲しけり 月乃
二十 ほととぎす聴く 夏祭りかな
二十一 夕立の 水面に映る 人の影 のぞみ
二十二 想い染めたる 妹にも似たる