今回はWebサイトを飛び出し、北鎌倉散策の様子をお届けします。
目的はもちろん、盛りを迎えた「桜」。そして鎌倉三代将軍であり歌人「源実朝」ゆかりの地を訪ねることです。
※散策日:2016年4月6日

円覚寺

JR北鎌倉駅から徒歩なんと1分。
鎌倉五山第二位の「円覚寺」があります。
目の前に早速、見事な桜が見えてきました。
IMG_7617

今年の春は本当に雨が多いです。
ただ今日は晴天に恵まれました。
青空と桜の相性もばっちりです。
IMG_7618

境内の廟所にある「佛日庵」では抹茶をふるまっています(500円)。
あたりは春を奏でる鶯の音。実朝への思いをはせながら、美味しくいただきました。
IMG_7621

「弁天堂」から見える山の桜。
吉野山の桜…とはいきませんが、なかなかです。
ちなみに右の隅っこに富士山が頭をのぞかせていました。
IMG_7646

↓ 徒歩10分

明月院

四季折々の花が美しい「明月院」です。
初夏の紫陽花は有名ですね。
春は枝垂桜が参道を彩ります。
IMG_7649

日本庭園と桜の組み合わせはてっぱんですね。
IMG_7650

↓ 徒歩15分

建長寺

鎌倉五山第一位の「建長寺」。
入口すぐの桜のアーチに圧倒されました。
IMG_7653

↓ 徒歩15分

鶴岡八幡宮

いわずもがな、源氏の氏神が祀られている神社です。
人が多いので早々に立ち去ります。
今日はラッキーなことに、結婚式の神楽舞と雅楽演奏に立ち会うことができました。
IMG_7658

↓ 徒歩10分

寿福寺

「寿福寺」は栄西が開山した鎌倉五山第三位の寺です。
そしてここに、「源実朝」が眠るお墓があります。
IMG_7660

母政子のとなり、岩盤に掘られた横穴の中で、実朝は供養されています。

金槐和歌集(岩波文庫)をお供えしました。
「実朝さま、あなたの歌は800年後の日本にも生きていますよ!」
IMG_7661

↓ 徒歩20分
ここから先の道はハードです。
鎌倉七切通しの一つ、「化粧坂切通し」が簡単には通してくれません。
※ここでベビーカーを押した夫婦とすれ違いました。かなりのツワモノです。
IMG_7663

源氏山公園

実朝の父君、頼朝公にも拝謁しました。
IMG_7671

↓ 徒歩10分

銭洗弁財天

ここに湧く「銭洗水」でお金を洗うと何倍にも増えて戻ってくるそうです!
ありがたや~
IMG_7672

↓ 徒歩20分
鎌倉駅に到着。およそ15,000歩の散策でした。
古都鎌倉は武家の都であるとともに、桜の都であると感じました。
そして実朝様、あなたと少しお近づきになれた気がします。

(書き手:内田かつひろ)

→関連記事「源実朝 ~海に寄せた思い~


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。