/鎌倉散策(第二回)~春を探して~

鎌倉散策(第二回)~春を探して~

さて年もあらたまり、恒例の鎌倉散策に出かけて来ました(といっても二回目ですが…)。
前回は春真っ盛り、桜満開の散策は見応えたっぷりでした。
→関連記事「北鎌倉の桜散策 ~実朝を探して~

しかし今回は新春とはいえ冬枯れの季節、果たしてどんな景色に出会えるのか!?
期待と不安が入り混じるなか、鎌倉散策スタートです。
※散策日:2018年1月10日

まず訪れたのは、前回も足を運んだ円覚寺、
そこで目にしたのは…

「花も紅葉もなかりけり!!」
まあこの時期ですから当然ですが、前回圧倒された桜満開の参道とは雰囲気がまるで違います。
円覚寺は鎌倉五山第二位の禅寺です。と考えると、、むしろこの寂れた感じこそがあるべき姿なのかもしれません。

春の桜、初夏のあじさいで有名な「月明院」も同様です。
花の参道もこの姿…

でも山門を裏からご覧ください。
冬の草花が彩りを飾っているではありませんか!
なんて風流なんでしょう。

次いで、またも来ました「鶴岡八幡宮」。
朽ちた大銀杏の右手には新しい命が守られています。
「がんばれ大イチョウ!」。私も小さくつぶやきました。

ご覧ください、これらはハトでありません「カモメ」です。

実朝にとっても、カモメはとっても身近な存在だったんでしょうね。
「かもめゐる 荒磯の洲崎 潮みちて 隠ろひゆけば まさるわか恋」(源実朝「金槐和歌集」より)
→関連記事「源実朝 ~甘えん坊将軍、鎌倉の海に吠える~

さて、ここまでは前回と同じ散策ルートでしたが、以後は違います。
地元鎌倉をこよなく愛する“S様”にご案内頂き、鎌倉の穴場?スポットを巡りました。

鎌倉五山のひとつ、「浄妙寺」です。
ここでは素晴らしい出会いがありました。

なんと老梅に花がほころんでいたのです、それもただ一輪。
知らないうちに、春は来ていたのですね。
これは歌を詠まずにいられません。
「消えあえぬ 雪の名残と 眺むれば 寒しき枝に 花ぞ咲きける」(ウッチー)
「冬知らぬ 鎌倉人は 梅が枝の 白きを見れば 雪ぞやと見る」(ウッチー)

そして“S様”おすすめのナンバーワンの「荏柄天神社」。
なんと、ここにも春はありました。しかもほの赤い春が。

札には「鎌倉一早咲き 寒紅梅」とありました。
調子に乗ってもう一首…
「冬ながら 春のここちを たどふれば 絵柄の社 花ぞ咲きける」(ウッチー)

思いがけず梅の花、しかも紅白両方を目にすることができるなんて、
私はなんて幸運なんでしょう!

いつ来ても風流を感じさせてくれる、やはり鎌倉は素晴らしい場所です。

TAGS:

古今伝授と茶飲み連歌会
 
歌会、和歌教室

平成和歌所では、誰でも楽しめる「和歌教室」&「歌会(連歌会)」を開催しています。和歌ならではの修辞法から四季の感じ方を学び、自分オリジナルの詠歌をしてみましょう。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。