「歌会あさぎいろ」5月28日の歌会のお題は「花橘」「ほととぎす」です。

■短連歌
以下の句に、上の句を付けていただきます。

「ゆめの枕に 匂ふたちばな」(式子内親王)
例)
「五月雨の みだれて今朝の つゆけきは」(内田かつひろ)
「月影の おもひおこせる 一人寝は」(内田かつひろ)

■散文×和歌
以下の散文の叙景、抒情に和歌にしていただきます。
その際、お題の「花橘」「ほととぎす」を詠み込んでください。

「ロミオとジュリエット」(第一幕第一場)
美しい秩序と見せかける醜い混沌
鉛の羽根、輝く煙、冷たい火、病める健康
眠りとは言えぬ常に目覚める眠り
こういう恋を感じながら肝心の恋人のこころはつれない
(略)
恋とはため息の雲もともに立ち上る煙だ
清めれば恋するものの目に燃える火となり
乱されれば恋するものの涙が降り注ぐ大海となる
たいがいそんなところだ、つまり分別くさい狂気
息ふさぐ狂気ともなればいのちの糧ともなる

ウィリアム・シェイクスピア (著)
小田島 雄志 (訳)
「ロミオとジュリエット (白水Uブックス (10))」から引用

例)
「ため息の 落ちる五月雨 みだれ鳴き 恋す恋せぬ ほととぎすかな」(内田かつひろ)

→「歌会の詳細、お申込みはこちら
→「歌会あさぎいろ

 

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。

【目次】
・権中納言定家(藤原定家) 「怒れる天才サラリーマン」
・鎌倉右大臣(源実朝) 「甘えん坊将軍、鎌倉の海に吠える」
・在原業平朝臣(在原業平) 「愛され続けるプレイボーイ」
・和泉式部 「恋にまっすぐな平安ジェンヌ」
・紀貫之 「雑草が咲かせた大輪の花」
・凡河内躬恒 「麗しき二番手の真価」
・西行法師 「出家はつらいよ、フーテンの歌人」
・小野小町 「日本的、恋愛観のルーツ」
・源俊頼朝臣 「閉塞感をぶち壊せ! 孤独なチャレンジャー」
・式子内親王 「色と光を自在に操る印象派の女王」
#コラムその1 百人一首とは「王朝の栄枯盛衰物語」である!
・後鳥羽院 「お前のものは俺のもの、中世のジャイアン」
・菅家(菅原道真) 「悲劇の唇が吹く イン・ア・サイレント・ウェイ」
・崇徳院 「ここではないどこかへ」
・清少納言 「元祖! 意識高い系OLの可憐なる日常」
・柿本人麻呂 「みんなの憧れ、聖☆歌人」
・権中納言敦忠(藤原敦忠) 「禁断と破滅、平安のロミオとジュリエット」
・中納言家持(大伴家持) 「流れるままに。家持たぬ家持の万葉オシャンティー」
・後京極摂政前太政大臣(九条良経) 「天才貴公子が奏でるロンリネス」
・伊勢 「女貫之の冷たい仮面」
・能因法師 「元祖旅の歌人のノー、インドア宣言! 」
・皇太后宮大夫俊成(藤原俊成) 「和歌界のゴッドファーザー」
#コラムその2 百人一首は「ジジイのための歌集」である!

わくわく和歌ワークショップ はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。

和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す! ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く
「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。