和歌と短歌の違い「歌の心」編でお分かりいただけたように、和歌には厳格なルールがあり短歌にそんなものはありません。
→関連記事「和歌と短歌の違い(1) ~歌の心編~

これらの違いは、その表現手段である「ことば」にも存在します。
今回も和歌と短歌の実作を比較して、その違いを知りましょう。

(一)「園児らと たいさんぼくを 植ゑにけり 地震ゆりし島の 春ふかみつつ」
(二)「君がため 春の野に出て 若菜つむ わが衣手に 雪はふりつつ」

上の2首はいずれも「春」をテーマとした御製歌です。
(一)は晩春のころ、地震の被災地で園児たちと泰山木(タイサンボク)をお植えになられた思い出を歌われたもの、
(二)は早春のころ、恋人のために若菜をお摘みになった折、袖に雪が降ってきた情景を歌われたものです。

どちらが和歌で短歌か分かりますか?

はい、正解です。
(一)が短歌で、(二)が和歌ですね。

(一)は平成14年の歌会始めで今上天皇が詠まれた歌、(二)は古今和歌集にも採られた光孝天皇の歌です。
短歌であれば泰山木(タイサンボク)に限らず、「チューリップ」でも「ひまわり」でも構いません。ルール不問ですから当然ですね。
※これで分かるのは、宮内庁主催の伝統的な歌会始めでも、本来的な和歌は詠まれていないということです
→「宮内庁サイト 歌会始お題一覧

ただ和歌ではそうはいきません。
「春」というお題であれば、詠める情景(ことば)が決まっているのです。

例えば(二)のように早春の情景であれば「梅」「雪」「霞」「若菜」「うぐいす」「青柳」などに限られます。
さらに、「雪」とくれば「降る」、「霞」とくれば「立つ」、「うぐいす」とくれば「鳴く」とった関連して詠むべきことばも自ずと決まってきます。これらを縁語といいます。
→関連記事「和歌の入門教室 縁語

つまり和歌の「ことば」には決めれた「設定(ルール)」があり、それを無視して詠むことは原則的にNGなのです。
このように単なることばの意味を超えて、特別な設定を包含・暗示させることばを「歌ことば」といいます。

「歌ことば」によるルールは、作歌における制約となり一見不都合に思えます。
しかし! 実際の和歌ではこの「歌ことば」がとてつもない威力を発揮するのです。

例えばこの歌。
「うちしめり あやめぞ香る ほとときす なくや五月の 雨の夕暮れ」(藤原良経)

五月の雨に濡れたあやめが香る。ほととぎすが鳴いている。
という歌です。だからなに? って感じですよね。

ただ「歌ことば」のルールを理解していると、この歌が沈痛なエレジーに変貌します。

歌ことばの「あやめ」は邪気を祓うほどの強烈な匂いを暗示。これが五月雨に湿ってむせ返るような不快感を表し、そこへさらに「ほととぎす」が鳴く。
実は「ほととぎす」、歌ことばでは「夏の到来を告げる」とともに「恋心をエスカレートさせる」という設定があるのです。
→関連記事「夏を独占! ほととぎすの魅力

つまりこの歌は「初夏の情景歌」なんて単純なものではなく、「慕えども叶わない、けれども愛しさは増していく」という鬱々な慕情を詠んだ歌なのです。
三十一という文字数の中で、これほど複雑な情景・心象を詠めるのは「歌ことば」があってこそです。

和歌と短歌における「ことば」の違い、お分かり頂けたでしょうか。
「和歌を学ぶ」ということの本質は古語や修辞法を学ぶことではなく、この「歌ことば」を学ぶことであるといって過言でないでしょう。
そして、それはそのまま「日本文化の深淵」を学ぶことになります。
なぜなら「源氏物語」などの物語や能などの芸能、書画に至るまで、その成立の背景に「歌ことば」の設定があるのです。

和歌に限らず「日本文化を楽しみたい♪」というのであれば、「歌ことば」の知識は必須です!
さあ、共に学びましょう。平成和歌所で!
→「わくわく和歌ワークショップ

(書き手:内田かつひろ)


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。