●7月7日
今日が何の日だって?
ホント考えたくない
知ってるわよ一年に一度の、でしょ?

願い事はあるよ、もちろん
彼ともっともっと仲良くなりたい

でもどうせ叶わない
わたし、天の川なんて見たことないし

世界中で、こんなに悲しんでんの私だけなんじゃない?
あの彦星だって結局、一年に一度は必ずイチャついてるんだから

612「我のみぞ 悲しかりける 彦星も あはてすぐせる 年しなければ」(凡河内躬恒)

●7月10日
この前の夜、久しぶりに彼とデートしたの
七夕のおかげ? 彦星に謝らなくちゃね

でもね、
始めの頃みたいに楽しめなかった
わたしが言わなきゃ、手も握てくれなかったよ

きっと私なんて
いてもいなくてもいい
かがり火の影みたいなもの

ほんとは寂しいし
すごい甘えたいのに
涙でしか伝えられない

530「かがり火の 影となる身の わびしきは 流れて下に 燃ゆるなりけり」(よみ人しらず)

●7月31日
昨日も彼とあったの
最近はむこうからLINEするようになったし
なんかいい感じかぁなって、たまに思う

でもどっかで、やっぱりダメになるんじゃないかって
いっつも不安になる
とことんネガティブ志向なのかな?

それでもね、やっぱり大好きなの
深く深く生い茂る夏草のように
日ごとに思いが募ってく

明日からは、もっと前向きにいこう

686「枯れはてむ 後をば知らで 夏草の 深くも人の 思ほゆるかな」(凡河内躬恒)

つづく…
(書き手:内田かつひろ)

「妄想女子の恋歌日記」一覧

この記事の音声配信「第39回 妄想女子の恋歌日記(恋自嘲する7月の巻)」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。