a0001_011191_m2
花札をご存知でしょうか?
やったことはなくても、その絵柄には馴染みがあると思います。

花札の絵柄には、四季折々の景物が描かれています。
1月:松に鶴
2月:梅に鶯
3月:桜に幕
4月:藤に時鳥
5月:菖蒲に八橋
6月:牡丹に蝶
7月:萩に猪
8月:薄に月、薄に雁
9月:菊に盃
10月:紅葉に鹿
11月:小野道風に柳と蛙、柳に燕
12月:桐に鳳凰

2月の梅に鶯、10月の紅葉に鹿など、景物取合せの王道パターンといえるでしょう。
和歌の入門教室 特別編 「古今和歌集 四季の景物一覧表」

花札の発祥は安土・桃山時代の「天正かるた」とされ、江戸時代中期には現在使用している花札の形になったそうです。
古今和歌集で定義された日本美のルールが、600年経てもしっかりと息づいていたことが分かります。

しかしです、中には違和感のある取合せがあります。

まず軽微なところで、6月の「牡丹」、7月の「猪」です。
これらは古今和歌集には登場しない景物なのです。
まあ、雅な和歌に「猪」が出てきたら驚きますよね。

同様に12月の「桐」も、古今和歌集に登場しない景物です。
ただ一般的には「桐の花」は夏の季語とされているので、12月の絵柄にされているは違和感があります。
しかし秋の季語として「桐の落葉」を詠むこともあるそうです。
また、12月は年の最後ということで「これっきり」と「桐」を掛けたという説もあります。

最大の謎は11月です。
11月の「柳と蛙」、「柳に燕」です。
描かれているのは青々とした柳、落葉の姿には見えません。
なにしろ取合せが蛙と燕ですからね、どう見たって晩春から初夏の景物です。

それがなぜ11月の絵札に描かれているのか?
Google先生に尋ねてみても、腑に落ちる回答を頂けません。

ではその答えを日本美のルールブック、古今和歌集に求めることはできないか?
ちょっと探索してみましょう。

古今和歌集には、「柳」を詠まれた歌が2首あります。
27「浅緑 糸よりかけて 白露を 玉にも貫ける 春の柳か」(遍昭)
56「みわたせば 柳桜を こきませて 宮こそ春の 錦なりける」(素性法師)

いずれも春の歌ですが、これを見てはっと気づきました。
「白露を玉にも貫ける」と「錦なりける」の箇所です。

実はこれ、秋の歌でも使われる見立てなのです。
例えば以下の歌、
222「萩の露 玉に貫かむと とれはけぬ よし見む人は 枝なから見よ」(よみ人しらす)
297「見る人も なくてちりぬる 奥山の 紅葉は夜の 錦なりけり」(貫之)

つまり、私が考えはこうです。
花札の考案者(江戸っ子)になって答えてみましょう。

(ここから江戸っ子↓)
—————————
10月は「紅葉に鹿」と、、
よし、これで1月から10月までの絵柄は決まったね
年の最後の12月は「これっきり」ってことで「桐」にしとくか
われながら洒落た取合せじゃねぇか

そして11月はと、、
やっぱ紅葉にしとくか…って10月に使っちまってるよ!
困ったな、ネタが尽きちまったぞ。。。

11月といえばなんだ?
萩枝を貫く「白露の玉」なんかしゃれてんじゃねぇか? って「萩」も7月に使ってるよ…
一面の「錦」ってのは? ってこれも「紅葉」だしなあ。
なんかねぇかなぁ

お、そうだ!
白露の玉と錦つったら「柳」もありじゃねぇか!

春っぽいけど、まあ細けぇことは気にすんな
要はイメージだよ、イメージ
「柳」に秋を感じるってのが粋ってもんだろ
ついでに蛙と燕も出しちまえ!
オイラって天才かも
—————————

と、かなり強引な妄想にて、「11月の柳の謎」の幕を引かせて頂きます。

(書き手:内田かつひろ)

わくわく和歌ワークショップ
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。

「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。
和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す!
ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く