思いがけず“ある刺激”を受けて、ふと過去の記憶がよみがえった経験、みなさんもありませんか?

406「あまの原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」(安倍仲麿)
安倍仲麿は「月」を仰ぎ見て、遥か遠い故郷へ望郷の念をはせました。
※仲麿は遣唐使として唐の地に渡り、以来50年そこで過ごし没したといいます

この「月」ように、ノスタルジーを喚起する景物を「追憶スイッチ」と呼ぶことにしましょう。
和歌ではこの「追憶スイッチ」が定型化されています。

例えば「撫子(なでしこ)」
695「あなこひし 今も見てしか 山がつの かきほに咲ける やまとなでしこ」(よみ人しらず)
「なでしこ」の響きが「子(女)」を強く連想させます。

こんなのもあります、「煙(けふり)」です。
新801「思ひづる をりたくしはの 夕けふり むせぶもうれし 忘れがたみに」(後鳥羽院)
荼毘の煙は、失った人の象徴として詠われました。

そして「追憶スイッチ」の最たるものが「花橘」です。
139「五月まつ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」(よみ人しらず)
袖の香とは袖にたきしめた香(こう)の匂いです。花橘の香りを嗅ぐと、その匂いの人が思い出されるのです。

実は「花橘」、古今集の中で「追憶スイッチ」として詠まれているのはこの一首だけです。
しかし「昔の人の袖の香」のインパクトは多大だったようで、新古今集になると沢山の「花橘スイッチ」が詠まれています。

新240「かへりこぬ 昔を今と 思ひねの 夢のまくらに にほふ橘」(式子内親王)
新245「橘の にほふあたりの うたたねは 夢も昔の 袖の香そする」(俊成卿女)
新246「今年より 花咲きそむる 橘の いかで昔の 香ににほふらむ」(藤原家隆)
新247「夕暮は いづれの雲の 名残とて 花橘に 風のふくらむ」(藤原定家)

「匂う花橘」の大ブレイク!
その香りがするやいなや、反射的にノスタルジックに襲われるといった感じで詠われています。
平安歌人の極端な詠みぶりに唖然としつつも、なるほどという納得感もあります。

先の「月」「撫子」「煙」などは、「視覚」で呼び起こすスイッチでした。
一方の「花橘」。これはそう「嗅覚」で呼び起こすスイッチです。
実感としても、昔の人の例えば「写真」よりも「香水の匂い」の方がより強く懐かしさを感じさせはしないでしょうか?
人が受けとる情報のうち8割以上は視覚から得ている、なんていいますが、記憶を強く刺激するのは嗅覚だというのはなんだか不思議です。

さて、「視覚」「嗅覚」ときたら「触覚」や「聴覚」のスイッチはないのか? 
と聞かれそうですが、もちろんあります。

「黒髪の 乱れもしらず うちふせば まづかきやりし 人ぞ恋しき」(和泉式部)
髪に残る愛しい男性の手触り…なんとも官能的な歌です。

145「夏山に なくほととぎす 心あらば 物思ふ我に 声なきかせそ」
「ほととぎす」は夏を代表する景物であり、その鳴き声は和歌を代表する「追憶スイッチ」です。
→関連記事「夏を独占! ほととぎすの魅力

ではもし「花橘」と「ほととぎす」が同時に現れたら?
一体全体どんな郷愁に襲われるのか、想像だに出来ませんね。

そんな歌がこれです、
新202「雨そそぐ 花橘に 風すぎて 山ほとときす 雲になくなり」(藤原俊成)

もはや「思い出す」といった心情なんぞ詠む必要なし!
受け手によっていくらでも追憶世界が広がる、そんな歌になるのです。

(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。