みなさまこんにちは、平成和歌所を運営しております内田かつひろです。
今日はスペシャルゲストにあの「○貫之」様をお招きしました。
古今和歌集に対する思いをいろいろと聞いてみたいと思います。

内田かつひろ ※以下(か):こんにちは、貫之様! 憧れの貫之様にインタビュー出来るということで大変緊張しています。よろしくお願いします。
貫之 ※以下(貫):くるしゅうない。

(か):今日は古今和歌集について、いろいろと聞かせてください。
(貫):なんでもいいけど、早く終わらせてよね。僕、時間にはトコトンうるさいから。

(か):は、はい。承知しました。それでは早速。和歌はどうやって生まれたのでしょうか?
(貫):和歌というものは人の心を種として、見るものや聞くものに託して咲かせた言の葉なのだ。
(か):ほほー。

(貫):これは人だけでないぞ、生きとし生けるもので歌を唄わないものがいるか? ウグイスや蛙の声がいい例だ。分かるか? 歌は生きる力そのものなんだよ! 歌のパワーは男女を仲介し、荒ぶる武士の心を和らげる。それだけじゃないぞ、天地を動かし、目に見えない鬼や神様を感じることだってできるんだ!
(か):あ、熱いっすね! 和歌(わか)の基本がなんとなく分(わか)りました。あ、気づきました? 掛詞です(n*´ω`*n)
(貫):馬鹿にしてる? 僕が誰だか分かってるんだろうね。
(か):は、はい。技巧の天才、貫之様です!
(貫):だな。

(か):では次の質問にいきます。和歌が31文字の形式になったのはいつの時代なんでしょうか?
(貫):いい質問だ。これは出雲の地で須佐之男命(スサノオノミコト)が詠み始めたことが始まりだ。須佐之男命、知ってるだろ?
(か):もちろんです。天照大神(アマテラスオオミカミ)の弟で、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した人ですよね。私、地元が奥出雲ですからよく存じています。うちの近くの山に大蛇の巣があったとかなんとかゴニョゴニョ(中略)
(貫):ふーん。ま、そうこうことだ。和歌は神代の時代から受け継がれた尊いものなんだよ。

(か):でも一時期人気がなくなっちゃいますよね。いわゆる和様暗黒時代なんて呼ばれる、万葉集から古今和歌集に至る150年くらいの間。
(貫):よく知ってるじゃん。なんとも恥ずかしい話なんだが今の世(僕の時代のことな)は派手好みになってしまって、流行に容易に振り回されてしまうようになった結果、なんとも薄っぺらい歌しか詠まれなくなったんだ。そりゃ人気も落ちるわな。一部の風流気取りの人間たちがひっそりと知る程度に落ちぶれてしまったよ。とほほ

(か):それが今(貫之様の時代)や、日本文化のスターダムにのし上がったじゃないですか! すごいですね~貫之様!
(貫):いやいや、これは僕がすごいんじゃなくて、醍醐天皇のお力だよ。醍醐天皇は日本の伝統を復興なさろうと尽力されたんだ。しかもそれだけじゃない、現在(これも僕の時代でね)に生まれた素晴らしい和歌にも目をとめられ、後の世に残こされようとしたんだ。そしてそれが形となったのが…
(か):のが…
(貫):「古今和歌集」だ!!
(か):しびれる~

(か):あ、もう時間が来てしまいました。最後に一言、和歌に対する思いを頂けますか。
(貫):うむ。歌の聖である柿元人麻呂は御大が亡くなって久しいこの世、たとえ時が移り変わり、楽しみ悲しみが過ぎ去っても歌の心は今に伝わっている。なんでか分かるか? それは歌の文字「ひらがな」があるからだ。「ひらがな」が歌を後世に残していくんだ。それに…
(か):それに?
(貫):歌の様や言葉の心を理解しているような人、君みたいな未来の人が、大空の月を見上げる様に昔の日本への思いを寄せれば、古今和歌集が出来たこの時代を恋慕わないことなんてないだろう。
(貫):和歌の心は、平成の時代にも生きているんだ。分かったか?
(か):はいっ!! 

(か):きょ、今日はあでぃがどうござびました、感動ぢました(ズッズ ※涙を啜る)
(貫):アディオス。
(か):これにて、貫之様へのインタビューは終わります!!

(書き手:内田かつひろ)
559fbef33f6c5933ff33d2889848c335_s


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。