突然ですが「スルメ歌(曲)」をご存知でしょうか?
聴けば聴くほど味わい深くなる楽曲という意味です。

和歌にもそんな歌があります。
聴くならぬ「菊」の歌です。

基本的に和歌で歌われる花、例えば春の「桜」や秋の「萩」などは移ろい、
つまり「色あせる」ことを悲しみ惜しむ気持ちを詠むことが常套です。
→関連記事「桜の愛され方

しかし菊は違うのです。
278「色かはる 秋の菊をば ひととせに 再びにほふ 花とこそ見れ」(よみ人しらず)
279「秋をおきて 時こそ有りけれ 菊の花 移ろふからに 色のまされば」(平貞文)

色あせればあせるほど、美しさが深くなる…
こんな詠み方をする花はめったにありません。

ちなみに和歌で歌われる菊のほとんどは「白菊」です。
272「秋風の 吹きあげに立てる 白菊は 花かあらぬか 浪のよするか」(菅原道真)
277「心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花」(凡河内躬恒)

白菊は寒さにあたると徐々に紫がかってきます。
平安歌人たちはこの変化に感じ入り、「ひととせ(一年)に再びにほふ」と称えたのです。
美しい捉え方ですね~。

ちなみに菊には訓読みがありません。
つまりかつて日本には存在せず、中国から初めて伝わった花だということです。
その中国で菊は「四君子」の一つに数えられ、「気高く高潔な花」として捉えられてきました。
※ちなみに他の三つは「梅」、「竹」、「蘭」です

これが日本に伝わるとあせた状態ようは「古く衰えた姿」を愛でるようになるのですから、
お国による美意識の違いは面白いものです。

ところで、現代の私たちからすると菊はいまいちパッとしない存在ではありませんか?
たぶん「お供えの花」というイメージが強いからだと思います。
花と一緒に「菊は不老長寿の霊草である!」なんて故事も合わせて伝わったものですから、
仏花に相応しいと考えられたのでしょうね。

和歌にはこんな歌もあります。
270「露ながら 折りて飾さむ 菊の花 老いせぬ秋の ひさしかるへく」(紀友則)
276「秋の菊 にほふかぎりは 飾してむ 花よりさきと しらぬわが身を」(紀貫之)

菊の花を頭に飾し不老不死にあやかろうという歌です。
縁起は良さそうですが、先の白菊の歌に比べるとやはり華やかさに欠けます。
ただ私たちが思い描く菊は、この「華」のない菊の方が一般的かもしれません。

でも菊、桜と並び称される国花(国の象徴とされる花)の一つなのですよ。知ってました?
後鳥羽院が自らの「印」として菊を愛用して以降、皇室の紋は「十六八重表菊」。
いつもの五十円玉にもパスポートにもその姿が見える!

にもかかわらず、なんとも地味な存在…
菊の本当の美しさを知らないなんて、もったいないとしかいいようがありません!

もうすぐ重陽の節句(旧暦九月九日)です。
今年はぜひ、菊の花を「傍に立てて」移ろいの美を堪能してください。
菊(聴く)だけにそばだてて、、、(おあとがよろしいようで)

(書き手:内田かつひろ)


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。