598409
189「いつはとは 時はわかねど 秋の夜ぞ 物思ふ事の 限りなりける」(よみ人しらず)
いつからかは分からないが、秋の夜は思いわずらいの極みなのだ!

何かにつけて物思いに耽る平安歌人ですが、なかでも秋の夜は特別なようです。

そうさせるのは彼らのしわざかもしれませんね、秋の虫です。
「松虫」、「鈴虫」、「こおろぎ」。童謡「虫のこえ」でもおなじみの虫たち。
松虫が「チンチロ チンチロ チンチロリン」ときたら、鈴虫も「リンリン リンリン リーンリン」。

秋の夜長に響くソプラニスタのメロディに、訳もなく物思いしてしまうのは私たちも同じです。

ここでワンポイント豆知識。
和歌で詠まれる「きりぎりす」は、現在の「こおろぎ」を指します。

196「きりぎりす いたくななきそ 秋の夜の 長き思ひは 我ぞまされる」(藤原忠房)
こおろぎよひどく鳴くな、秋の夜の長い思いわずらい私が勝っているのだ!

ちなみに昔は鈴虫を「松虫」、松虫を「鈴虫」と呼んでいた、なんて話もあるのですが、まあ正直そんな細かいことはどうでもいいんです。
平安歌人にとっては「泣けるか泣けないか、それが問題だ!」なのですから。

197「秋の夜の 明くるも知らず なく虫は 我がこと物や 悲しかるらむ」(藤原敏行)
202「秋の野に 人まつ虫の 声すなり 我かとゆきて いざ問ふらはむ」(よみ人しらず)
203「紅葉ばの 散りてつもれる 我が宿に 誰をまつ虫 ここらなくらむ」(よみ人しらず)

「まつ虫」という名も相まって、つまり「待つ」を掛けることで、愛しい人を恋慕する情景がおのずと出来上がります。
さらにはあの小さな虫を「我がこと」と捉え、自分の姿を投影するのです。
秋という一つの季節に、恋を求めて命の限り泣き続ける姿を。

和歌という、届かぬ恋の物語になくてはならない存在、それが秋の虫です。

(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。