2745923
すっかり秋めいてきましたね。
平安歌人たちにとって秋は特別な季節です。

184「木の間より漏りくる月の影見れば 心づくしの秋はきにけり」(よみ人知らず)
心づくし…心の全てを奪われてしまうのです、秋の前では。

桜一辺倒の春とは違い、秋は心奪う景物が沢山あります。
野辺や木々を染める色のようにとりどりに。

代表的なものが月、そして鮮やかな紅葉。
さらに松虫や蜩など虫の音に雁や鹿といった動物たち。
そしてなんといっても、秋といえば美しい草花です。

萩、尾花(すすき)、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗。
これらは「秋の七草」といわれ、万葉の時代に山上憶良が歌に詠んで以来、秋の代表的な草花になりました。
「秋の野に 咲きたる花を ゆびおり かき数ふれば 七草の花 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔(ききょう)の花」(山上憶良)

この記事の音声配信「第九回 秋の七草を覚えよう♪」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

この「秋の七草」は古今和歌集において、全て歌中に詠まれています。

女郎花:226「名に愛でて 折れるばかりぞ 女郎花 我おちにきと 人にかたるな」(僧正遍昭)
尾花(すすき):243「秋の野の 草のたもとか 花すすき 穂にいでてまねく 袖と見ゆらむ」(在原棟梁)
撫子:244「我のみや あはれとおもは むきりぎりす なく夕かげの 大和撫子」(素性法師)
藤袴:239「なに人か きてぬきかけし 藤袴 くる秋ごとに のべをにほはす」(藤原敏行)
葛:262「ちはやふる 神のいがきに はふ葛も 秋にはあへず うつろひにけり」 (紀貫之)
萩:211「夜をさむみ 衣かりがね なくなへに 萩のしたはも うつろひにけり」(よみ人しらず)

あれ、「朝顔(ききょう)の花」が見当たりませんね。
実は桔梗は簡単には見つけられない仕掛けが施してあります。

先に答えとなる歌をお見せしましょう。
440「秋ちかう のはなりにけり 白露の おけるくさはも 色かはりゆく」(紀友則)

パッと見ても「桔梗」はないようですが…
実はこの歌は「物名歌」なのです。
物名とは歌の中にある単語を詠み込む技法です。
ですのでよく見ると「きちかうのはな」という単語が見つかります。
これが「桔梗の花」なのです!
まあ、現代の感覚でいうと「きちかう」が「桔梗」だとは気づかないですね。

最後に秋の七草の覚え方を伝授しましょう。
「大きな服は」?
「お(みなえし)・お(ばな)・き(きょう)・な(でしこ)・ふ(じばかま)・く(ず)・は(ぎ)」です。

→関連記事「秋の大混乱、荻と萩と薄
→関連記事「とばっちりだよ女郎花

(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。