百人一首は和歌史におけるレジェンド、藤原定家が選出した和歌のベストオブベストです。
いわゆる百首歌というのは珍しくないのですが、それらはたいてい一人で百首詠んだもの。
定家の百人一首はその名のとおり、百人の歌がそれぞれ一首ずつ収められているのが最大の特徴です。

この百人一首、以前もご紹介しましたがその撰歌に多くの謎を残しています。
例えば…
・お手付きを誘う「似たような歌」が複数ある(3字以上の決まり字が51首)
・「親子歌人のペア」がやたらある(なんと19組)
・ほとんど歌を残していない「謎の三流歌人」の歌が散見される(猿丸太夫、蝉丸、喜撰法師、春道列樹、文屋朝康…)
・「著名歌人でも駄作」が撰歌されている(在原業平、能因法師、西行法師…)
・他にも「恋歌がやたら多い」とか「古今歌が多い」などなど
→関連記事「百人一首はなぜつまらないか(百人一首その1)

こんなかんじで定家のベストアルバムの撰歌基準はまったく不明瞭。
なので百人一首には実は暗号が隠されているとして、それを解き明かそうと挑戦する人も後を絶ちません。
しかしただひとつ、定家がこの百首ではっきりと示していることがあります。

百首歌に限らず和歌の「歌集」は、歌単体よりもその並び順、配列にこそ価値があったりします。
例えば勅撰集の四季はその移ろいの、恋はその過程の理想的な美しさを描かんとして編纂されているのです。
→関連記事「古今和歌集とは

で、くだんの百人一首はというと、選歌は詠み人の年代順に並んでいます。
これの意味するところは何か?

第一番の「天智天皇」から始まり、百番の「順徳院」で完結する…
先に答えを言いますと、百人一首とは「王朝の歴史物語」なのです。

王朝時代とは皇室華やかりし平安時代を指します。
第一番の天智天皇は飛鳥時代(626~671年)の人であるため、一見するとその対象からは外れています。
しかし天智天皇、平安王朝になくてはならない人物なのです。

平安京に都を移したのは「桓武天皇」です。その父は光仁天皇ですが、彼の祖父こそが天智天皇なのです。
じつは光仁天皇の先代まで、天智天皇の弟「天武天皇」の血筋が皇統を引き継いできました。そのため光仁、桓武天皇は自らが天智系であることを強く意識し、都までも京に移して新体制を組んだのです。
つまり平安の皇族、貴族たちにとって、本朝の祖は天智天皇であるとの理解があったのです。

ちなみに藤原氏の祖は「中臣鎌足」ですが、彼は「中大兄皇子」(後の天智天皇)と共に、「乙巳の変」ならびに「大化の改新」を成し遂げ藤原氏繁栄の礎を築きました。天智天皇は藤原氏にとっても所縁深い人物だったのです。

翻って最後百番の「順徳院」。彼は「後鳥羽院」の息子にあたります。
そして後鳥羽院といえば… そう、「承久の乱」ですね。後鳥羽院が君臨していた当時、政治の実権はすでに鎌倉方にありました。これを討伐しようと、北条氏に対し後鳥羽院が兵を挙げたのが承久の乱です。
乱はあっけなく鎮圧、敗れた皇室の権威失墜は決定的なものとなりました。
つまり「後鳥羽院」「順徳院」をもって、本当の意味で王朝時代が完結したということなのです。

百人一首の一番を歌の聖「柿本人麻呂」にはしなかった、初代勅撰集の代表的選者「紀貫之」にはしなかった。
最後百番をひと頃の大スター「西行」にしなかった、鎌倉三代将軍「源実朝」にはしなかった。
始めと最後に天智天皇と順徳院を配している時点で、この百首に王朝物語が見えるのはある意味当然なのです。

さらに歌人の配列を見ていくと、だいたい十人単位で「かたまり」があることに気づきます。
それはさながら物語の「章」を成し、王朝の栄枯盛衰を複雑に構成しています。

・第一章「王朝の幕開けと伝説歌人
・第二章「失意に乱れる純血の貴公子
・第三章「物思いに耽る文系男子
・第四章「没落氏族の溢れる四季彩
・第五章「路傍に咲く、悲しき恋の花(梨と藤)
・第六章「母、娘そして妻。御簾裏の恋愛事情
・第七章「輝く望月と失せる人々
・第八章「遁世に誘う末法のざわめき
・第九章「エリート歌人が燃やす最後の灯火
・第十章「悠遠のノスタルジー、黄昏の帝王

この記事の音声配信「第38回 百人一首を本気で楽しむ!」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く
■第一章「王朝の幕開けと伝説歌人」

王朝物語はその祖「天智天皇」の歌から幕を開きます。地味な歌ですが、なくてはならない御製歌なのです。そして「持統天皇」は天武天皇の妻であり、天智天皇の娘でもあった女性です。
「柿本人麻呂」と「山部赤人」の二人は通称「山柿の門」といわれ、歌道を歩むものが叩く最初の門だとされました。「大伴家持」とえば、日本最古の歌集「万葉集」歌の1割を占める実質の編纂者だと言われる人。
後世の歌人達にとって、伝説的な人物が配されているのが第一章です。

1「秋の田の かりほの庵の とまをあらみ わがころもでは 露にぬれつつ」(天智天皇)
2「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」(持統天皇)
3「足引きの 山鳥の尾の しだりおの ながながし夜を ひとりかもねん」(柿本人麻呂)
4「田子の浦に うち出てみれば 白妙の ふじのたかねに 雪はふりつつ」(山部赤人)
6「かささぎの わたせる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける」(大伴家持)

■第二章「失意に乱れる純血の貴公子」

ここでいう「純血」貴公子とは、天皇の血筋を引くやんごとない貴公子を指しています。
「在原行平」、「業平兄弟」の父は阿保親王で、その父は平城天皇。
「陽成院」はその名のとおり元天皇であり、「元良親王」はその息子であった人です。
これら貴公子達は高貴な出身でありながら、先代の凋落に伴い行き場を失っていきます。
その落ち行く先は…、決して叶わぬ破滅の恋なのです。

13「つくばねの 峰より落つる みなの川 こひぞつもりて 淵となりぬる」(陽成院)
16「立ちわかれ いなばの山の 嶺におふる まつとし聞かば 今かへりこむ」(在原行平)
17「ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」(在原業平)
20「わびぬれば 今はた同じ 難波なる 身をつくしても あはむとぞ思ふ」(元良親王)

■第三章「物思いに耽る文系男子」

「大江千里」、「菅原道真」は言わずと知れた文人貴族。
道真は家柄にそぐわぬ出世から太宰府に落ち、千里は月を見て物思いに耽るのでした。
「藤原定方」、「藤原兼輔」は藤原氏でありながら出世とは無縁の人で、詩歌管弦に優れ当代の歌人たちの良き後援者。
第三章には争いを避け、文人の道を全うしようとする文系男子が配されています。

23「月みれば 千々に物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど」(大江千里)
24「このたびは ぬさもとりあへず 手向山 紅葉のにしき かみのまにまに」(菅原道真)
25「名にしおはば 相坂山の さねかづら 人にしられで くるよしもがな」(藤原定方)
27「みかのはら わきてながるゝ 泉河 いつ見きとてか こひしかるらむ」(藤原兼輔)

■第四章「没落氏族の溢れる四季彩」

「藤にからまれた木は枯れる」という言葉があるように、藤原氏以外の氏族はことごとく没落していきます。
坂上氏や紀氏は武人の家として一時期は公卿に列したこともありました。しかし応天門の変など藤原氏の策略によって落ちぶれていくのです。
第四章には歌によって家筋を見つけた、没落氏族たちによる美しい四季の叙景歌が配されています。

29「心あてに をらばやおらむ 初霜の をきまどはせる しらぎくの花」(凡河内躬恒)
31「あさぼらけ 有明の月と みるまでに よしのの里に ふれるしら雪」(坂上是則)
33「ひさかたの ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花のちるらむ」(紀友則)
35「人はいさ こころもしらず 故郷は はなぞむかしの かに匂ひける」(紀貫之)

■第五章「路傍に咲く、悲しき恋の花(梨と藤)」

藤原氏が朝廷の主流となりライバル氏族がいなくなると、次第に藤原氏内での権力争いが生じてきます。
ここに配された藤原の歌人たちは、いわばその負け組の人たちです。
「清原元輔」と「大中臣能宣」は後撰集の梨壺の五人のメンバー。とはいえ官位は低く出世は望めない歌人たち。
第五章には彼らを中心とした、悲しい恋の歌が配されています。

42「ちぎりきな かたみに袖を しぼりつゝ 末の松山 なみこさじとは」(清原元輔)
43「あひ見ての 後の心に くらぶれば むかしは物を 思はざりけり」(藤原敦忠)
44「あふことの たえてしなくは 中々に 人をも身をも うらみざらまし」(藤原朝忠)
49「みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えつゝ 物をこそおもへ」(大中臣能宣)

■第六章「母、娘そして妻。御簾裏の恋愛事情」

摂関政治の全盛期は、後宮文化の最盛期でもあります。
それを象徴するように、百人一首の中盤は女流歌人が多く配されています。
彼女たちは女房であり、母であり娘であり妻でした。
第六章には一夫多妻の通い婚という完全アウェーの世を強く生きた、彼女たちのリアルな恋歌が集まっています。

53「なげきつつ ひとりぬるよの 明くるまは いかに久しき ものとかはしる」(藤原道綱母)
54「わすれじの 行末迄は かたければ けふをかぎりの 命ともがな」(儀同三司母)
56「あらざらむ このよのほかの 思ひ出に 今ひとたびの あふこともがな」(和泉式部)
57「めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」(紫式部)
58「ありま山 いなの篠原 風吹けば いでそよ人を わすれやはする」(大弐三位)
60「大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立」(小式部内侍)

■第七章「輝く望月と失せる人々」

王朝時代の望月といえば、そう藤原道長ですね。道長の栄達の陰で、落ちぶれて行った人たちがいます。
「清少納言」は一条天皇の皇后定子に仕えた女房です。しかし定子は、父道隆が死去すると道長、彰子親子の権勢に押され落ちぶれていきます。
「藤原道雅」は藤原伊周の長男。伊周もまた、ライバルである叔父道長との争いに敗れ没落していきました。
そして「三条院」。彼は現役の天皇であった時に、道長に執拗に迫られて退位させられました。
第七章には望月の陰で、失意のまま消えていった人たちが配されています。

62「よをこめて 鳥の空音は はかるとも よにあふさかの 関はゆるさじ」(清少納言)
63「今はただ おもひ絶なん とばかりを 人づてならで いふよしもがな」(藤原道雅)
68「心にも あらでこのよに ながらへば こひしかるべき よはの月かな」(三条院)

■第八章「遁世に誘う末法のざわめき」

平安時代の中期以降、仏教が衰退し世が乱れていく、いわゆる「末法」に入ると信じられていました。
王朝時代を再現する百人一首も中盤以降、坊主歌人の歌が増えていきます。
末法のざわめきは次第に現実味を帯び、皇室、貴族、武家を巻き込んだ大規模な戦闘「保元の乱」が勃発します。
その責を負った「崇徳院」は讃岐へ配流されました。天皇(上皇)の配流は淳仁天皇以来およそ400年ぶりの大事件です。
王朝衰退の足音は、確実に忍び寄ってきています。

66「もろともに 哀れと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし」(前大僧正行尊)
69「あらし吹く 三室の山の もみぢばゝ 龍田の川の にしきなりけり」(能因法師)
70「さびしさに 宿を立出て 詠むれば いづくもおなじ あきのゆふぐれ」(良暹法師)
77「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われてもすゑに あはむとぞおもふ」(崇徳院)

■第九章「エリート歌人が燃やす最後の灯火」

院政が全盛を迎えると、藤原氏の政治力は次第にそがれていきます。
一方で、藤原氏の中でも歌を生業としている家の家格が上がっていきました。
それが「藤原顕輔」「藤原清輔」親子の六条藤家ならびに「藤原俊成」「藤原定家」親子の御子左家です。
かつての紀貫之など、勅撰集の選者であっても五位がやっとの時代もありましたが、この時代には歌人が公卿に列することも珍しくなくなってきます。
また「式子内親王」や「九条良経」など、高貴な出自でありながら、積極的に歌道に邁進する人たちも現れます。
さながら最後の灯火をともすように、和歌文化がクライマックスを迎えるのがこの時期です。

79「秋風に たなびく雲の たえまより もれいづる月の かげのさやけさ」(藤原顕輔)
83「世の中よ 道こそなけれ おもひ入る やまのおくにも 鹿ぞなくなる」(藤原俊成)
84「ながらへば またこのごろや しのばれん うしと見しよぞ いまは恋しき」(藤原清輔)
89「玉の緒よ 絶なば絶ね ながらへば 忍ぶることの よはりもぞする」(式子内親王)
91「きりぎりす なくや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかもねん」(九条良経)

■第十章「悠遠のノスタルジー、黄昏の帝王」

治承・寿永の乱いわゆる源平合戦の後、平氏政権の崩壊し鎌倉幕府が成立します。
鎌倉幕府の成立は本格的な武家政権の誕生であり、政治の中心が京から関東に移ったことを意味します。
もはや京の皇族、貴族は文化や歴史に拠り所を求め寄生する存在へと落ちぶれたのです。
一方、鎌倉方にも京の文化、和歌を愛する人が登場します、第三代将軍「源実朝」です。しかしこの帝王も暗殺という悲劇に消えます。
承久の乱により武家政権は盤石なものとなりますが、敗れた帝王「後鳥羽院」と「順徳院」の親子は配流され、王朝時代は完全に幕を閉じたのです。

93「世の中は つねにもがもな なぎさこぐ あまのをぶねの 綱手かなしも」(源実朝)
99「人もおし 人も恨めし あぢきなく よをおもふゆへに 物思ふ身は」(後鳥羽院)
100「百敷や ふるき軒端の しのぶにも なをあまりある 昔なりけり」(順徳院)

いかがでしたか。
各章のタイトルを追うだけでも王朝時代のドラマを感じて頂けたと思います。

百人一首とは和歌の入門書であり、平安歴史の入門書でもあるのです。
古文や古代歴史を学ぶには、それぞれの教科書ではなく一冊の百人一首で十分。
きっと楽しくスリリングに、そしてドラマチックに! 日本の古典が身につくと思います。
※そんな意味をこめて、定家は宇都宮蓮生に百人一首をプレゼントしたのでしょう。

(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。