「意識高い系」という言葉をご存知でしょうか?
これは「物知り顔で、実は中身のない人物」の俗称なのですが、平安時代にもこう揶揄された人物がいます。
「清少納言」です。

清少納言は一条天皇の中宮定子に仕えた女房の代表格です。
父は後撰和歌集を編纂した梨壺の五人のひとり「清原元輔」、曽祖父は古今和歌集の代表的歌人である「清原深養父」。
いわば歌学エリートの生まれで、漢文の原書も余裕で読めるほどの才女でした。
こう聞くと「意識高い系」ではなく、実力を伴った「事実意識が高い女性」のように思えます。

ただ清少納言、同世代の紫式部に言わせるとこうです。
「清少納言こそしたり顔にいみじう侍りける人 さばかりさかしだち 真名書き散らしてはべるほども よく見れば まだいと足らぬこと多かり」(紫式部日記)
「いつも得意そうな顔をして、偉そうにしていた女。利口ぶって漢字を散し書きにして得意がっているが、よく見ると、まだまだ足りないことが多い」
こりゃ完全に意識高い系じゃないですか!

いやいや紫式部、彼女は定子のライバルである中宮彰子に仕えていました。ですから清少納言に対する評価も自ずと手厳しいのでは?
…という訳でもないのが面白いところ。
実はかのエッセイ集「枕草子」には、紫式部が酷評するのもうなずける「意識高いエピソード」が満載なのです。

今回は一流企業さながら、後宮というオフィスで漢文や和歌の博識をいかんなく発揮し、名だたるエリートから賛辞を得た(自身曰く)、元祖意識高い系キャリアウーマンこと清少納言のエピソードをご紹介しましょう。
※清少納言の語りでお楽しみください

■意識高い系エピソード その1「草の庵 with 藤原斉信」
ホント一流企業のOLってのは大変よ、常に周囲から実力を試されるんだから。
この前なんかイケてるって評判の若手、頭中将(藤原斉信)からこんな挑戦的な手紙が来たの。
『「蘭省の 花の時 錦帳の下」これに下の句をどうつける?』

ちょっと迷ったけど、こう返してやったわ、
「草の庵を 誰かたづねん」

実はこれ私たち憧れの唐詩人、白楽天の一節なのよね。
「蘭省の花の時錦帳の下 廬山の草堂夜の雨に独り宿す」

和歌とは違うのだよ、和歌とは! 女のわたしが漢詩を知ってるなんて、驚いた?
さらにわたしがカッコイイのは、この下の句をわざわざ消し炭使って書いてやったってとこね。
白楽天の詩の世界が、にくらしくも演出されてるでしょ♪

■意識高い系エピソード その2「春ここち with 藤原公任」
二月の終わりの頃、藤原公任氏からこんな手紙が来たの。ちなみに公任って言ったらあんた、役員クラスの大物よ。
「すこし春ある ここちこそすれ」

これに上の句を付けろってことなんだけど、これは大プレッシャーね。だって査定に響くかもしれないじゃない!?
まあ、わたしはさらっとこう返したけどね。

「空寒み 花にまがへて 散る雪に」
雪に紛れる花、といえば白梅ね。初春のイメージにばっちりじゃない!
だれ? ありがちだなんてディスってんの。この返し歌、めっちゃ評価高かったんだから。

■意識高い系エピソード その3「函谷関の関 with 藤原行成」
これ、だいぶ有名だけど知りたい?
とある夜の出来事よ。わたしとちょっといい関係だった男、藤原行成(三蹟の一人)がね、
わたしと逢引き中だってのに、ささっと自宅に帰っちゃったの。その翌朝の手紙に

「鷄の声に催されて」(鶏の声に急かされちゃって)…なんて言い訳してくるから、こうお返ししてやったのね、

「いと夜深く侍りける鷄のこゑは、孟嘗君のにや」(鶏のそれって孟嘗君のつもり?)。そしたら彼から…

「逢阪の関の事なり」(いやいや逢阪の関だよん)、だって!

これにはわたし、さすがにカチンときたから言ってやったわよ、
「夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関は許さじ」(わたしの逢坂の関は、そんな簡単に超えさせねーよ!)ってね。

んで彼からの返し…
「逢坂は 人こえやすき 関なれば とりも鳴かねど あけてまつとか」(あれ、お前いつでもウェルカムじゃん?)

って、ほっんと失礼なんだけど。
まあでもこの私と対等にやり合うんだから、なかなかやるじゃん。

■意識高い系エピソード その4「香炉峰の雪 with 定子さま①」
まあこれも知ってるかもしんないけど、いちおう話とくわ。
ある雪の日のことよ。わたしの最愛の上司、定子さまがね、
「少納言よ、香炉峰の雪はいかならん」(香炉峰の雪はどうでしょうね?)とおっしゃったのね。

試されてんのよ、期待されてんのよわたし!
だからわたしね、御格子を上げさせて、すだれを高く巻き上げたの。
そしたらみんな大爆笑!!

知ってるでしょ、白楽天?
「遺愛寺の鐘は枕をそばだてて聴き、香炉峰の雪は簾をあげて看る」

もうね、大成功ってやつよ。

■意識高い系エピソード その5「言はで思ふぞ with 定子さま②」
これは涙なくしては語れない話よ。
実はね、わたしある言われない罪を被せられて自宅謹慎してたことがあんのよ。
もー悔しいったら悲しいたらったらありゃしない。

そんな時、わたしが敬愛する上司(定子)からお手紙が来たの。
ただその手紙には何も書かれなくて、なんじゃこりゃって思っていたら山吹の花びらがヒラリ…
そこには「言はで思ふぞ」とひとことだけ書いてあったのよ! あんたわかる!?

「言はで思ふぞ」はこの歌よ
「心には 下行く水の わきかへり 言はで思ふぞ 言ふにまされる」

定子様は「わたしとは直接お話はできないけど、心の中でちゃんと思ってる」っておっしゃってんのよ!
つまりわたしの潔白を信じている、わたしを案じてくださっている、ちゅーことよ。

ああ、定子さま、わたしの定子さま!
この身が滅びようとも永遠にお仕えいたします!

(書き手:内田かつひろ)


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。