2913244
「夏」といえば、何を連想しますか?
現代の感覚でいえば、「海」「ひまわり」「かき氷」など、人それぞれ沢山の景物が挙げられそうです。

それでは古今和歌集的、夏といえば何か?

それは「郭公(ほととぎす)」一択です。
前回(「夏、それは平安貴族の最たる苦痛」)で、古今和歌集の「夏」部の歌は34首しかないと言いましたが、そのうちなんと28首に「ほととぎす」が登場します。
なぜこれほどまでに偏っているのか理解に苦しむところですが、ともかく「夏」という部立に相応しいのは「ほととぎす」のみ、といわんばかりの強い意思が感じられます。

ちなみに夏らしい「蛍」や「天の川」、「紅」(ベニバナ)などの景物も古今和歌集に詠み込まれていますが、それは「夏」部ではなく「恋」部に登場します。

「ほととぎす」は夏を連想させるとともに、その鳴き声が「思慕の念をかき立てる」という意味合いがあります。

143「郭公 はつこゑきけば あちきなく ぬしさだまらぬ 恋せらるはた」素性法師
145「夏山に なく郭公 心あらば 物思ふ我に 声なきかせそ」(よみ人知らず)
146「郭公 なくこゑきけば わかれにし ふるさとさへぞ 恋しかりける」(よみ人知らず)
162「郭公 人まつ山に なくなれば 我うちつけに 恋まさりけり」(よみ人知らず)

ほととぎすの声を聞くと、恋心がさらに増してしまう。
そんな裏の意味があることで、より深みのある歌が生まれます。

ちなみに同じ夏の景物の一つ「橘」は、「昔の人を思い出す」という裏の意味があります。
139「五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」(よみ人知らず)

このように景物の裏の意味を探るのも、和歌の楽しみの一つです。

ところで「ほととぎす」といえば、明治の歌人「正岡子規」が思い起こされます。
「子規」は「しき」と読みますが、これは「ほととぎす」に当てられた漢字の一つでもあります。
ちなみに「ほととぎす」には「郭公」、「子規」、「時鳥」、「杜鵑」、「杜宇」、「蜀魂」、「不如帰」、「霍公鳥」、「田鵑」といった沢山の漢字表記があります。

古今和歌集ならびに紀貫之を通例に批判した正岡子規が、その俳号に古今和歌集を代表する鳥を選んだことは、興味深い因縁です。
その由来は、「血を吐くまで鳴く」と言われる「ほととぎす」と、結核になり吐血した自分を重ね合わせたから、と言われていますが、正岡子規も純粋に「ほととぎす」の魅力にやられていたんだと思います。

松山市立子規記念博物館」のサイトで正岡子規の俳句を季語「時鳥」で検索すると、306件の俳句が閲覧できます。そして、そこに出てくる「ほととぎす」がそれぞれ個性的で魅力に溢れているのです。
これはもう本当に「ほととぎす」が大好きだったんだな、と感じられずにはいられません。

ちなみに私が好きな、正岡子規の「ほととぎす」の俳句No3を挙げてみます。

○「一声や大空かけてほとゝきす」
明治の俳句らしい、力強さのある「ほととぎす」です。

○「月もなし時鳥もなし風の音」
藤原定家にも通じる、寂寥感のある「ほととぎす」です。

○「ラムネの栓天井をついて時鳥」
いつそこにいた!? っていう感じで突拍子もなく現れる「ほととぎす」です。

このような感じでわらわらとネタが出てくる「ほととぎす」は、現代でも立派に魅力的な鳥だと思います。

そうえいば、ほととぎすの鳴き声を知らないという方もいらっしゃるかと思います。
「テッペンカケタカ」とか「トッキョキョカキョク」なんて真似されたりしますが、実際の声を
Youtubeの動画でご確認ください。
愛しい人が思い起こされましたか?

(書き手:内田かつひろ)

「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。
わくわく和歌ワークショップ
わくわく和歌ワークショップ

平成和歌所では文化の源泉である「和歌」を楽しむ2つのワークショップを開催しています。

①和歌のインプット
「大人のための百人一首講座」
②和歌のアウトプット
「みんな詠み人! 平成歌合せ♪」
和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す!
ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く