c06b8857663455f9079e6c1d9ee
和歌は古くて難しい、または和歌の楽しみ方が分からない、なんて及び腰の方いらっしゃいませんか?
これは和歌が古典の大御所みたいな顔をしているのが悪いのであって、実は現代日本人だれでもが楽しめるものです。

今回は和歌観賞の3つのポイントを、その難易度順にご紹介しましょう。

壱のポイント「情景をイメージする」

和歌には古語や独特の修辞法のために読解が難しい歌もあります。
しかし、そんなものはいっそのこと無視しましょう!

和歌は、言葉が紡ぐ響きを想像するだけでも十分堪能できるのです。
例えば以下の歌です。

9「霞たち この芽もはるの 雪ふれば 花なき里も 花ぞ散りける」(紀貫之)
「はる」に「張る」と「春」の掛詞がありますが、これは無視です。
技法がなくても「ぼんやりと春霞がかかる人里に雪が花のように舞っている映像」が脳裏に結べたのではないでしょうか。
はっきりいって和歌にはこの「想像力」さえあればいいのです。
※ちなみにこのように「ぼんやりと春霞がかる 云々…」と口語で説明されると、和歌世界が一気に野暮ったいものになってしまいますね。

では次の歌にはどんな印象が浮かびますか。

32「折りつれば 袖こそ匂ほへ 梅花 有りとやここに うぐひすの鳴く」(よみ人しらす)
今度は映像だけでなく、うぐいすの声という「音」も加わった立体的な情景が浮かんだと思います。

さらにこれはどうでしょう。

40「月夜には それとも見えず 梅花 香をたつねてぞ 知るべかりける」(凡河内躬恒)
闇夜に充満する梅の香、そう「匂い」をも印象に描けると思います。

これが和歌の力です。
言葉が我々の感性を刺激して、現実を超越した美の世界・印象を描くことができるのです。
そしてこれこそが和歌の壱番の楽しみ方であります。

弐のポイント「重ねの妙技を見つける」

和歌は三十一文字という字制限があります。
その中で荘厳な理想美を描くのですから、当然様々な工夫がなされています。
それが「重ね」です。
和歌鑑賞の第弐のポイントとして、歌の様々な「重ね」を探ってみましょう。

■言葉の重ね(掛詞)
626「逢ふ事の なきさにしよる 浪なれば うらみてのみじ 立帰りける」在原元方
一見すると浜辺を詠んだ歌のようですが、実は「なきさ」に「渚」と「無き」を、「うらみ」に「浦見て」と「恨みて」を掛けています。
これを「掛詞」といいます。
→関連記事「和歌の入門教室 掛詞

言葉の重ねがみつかると、訪れのない男への皮肉の歌だと分かります。

■情景と心象の重ね(序詞)
601「風ふけば 峰にわかるる 白雲の たえてつれなき 君が心か」(壬生忠峯)
これは「風が吹いて山の峰で二方向に離れてゆく雲」という情景に「私から離れてしまった愛しい人」を重ねて、苦しいということを表現した歌です。
この「情景」と「心象」の重ねの技法を「序詞」といいます。
→関連記事「和歌の入門教室 序詞

古今和歌集の恋歌では「序詞」が多用されています。
平安歌人が自分の気持ちをどのような情景に例えているのか、見てみると面白いです。
→関連記事「恋歌はなぜつまらないか

■景物の重ね(1)(景物単体に裏の意味を重ねる)
145「夏山に 鳴くほととぎす 心あらば 物思ふ我に 声なきかせそ」(よみ人しらす)
なぜホトトギスの声を聞かせるな! と強く言っているのか?
それは「ホトトギスの声」には「愛しい人を思い出す」という裏の意味があるからです。
和歌のいわゆる「歌語」にはそのような意味の重ねが沢山あります。これを知っておくと、和歌鑑賞の幅が格段に広がります。

■景物の重ね(2)(景物複数で季節を重ねる)
5「梅が枝に きゐるうぐひす 春かけて なけどもいまだ 雪はふりつつ」(よみ人しらす)
景物どうしを重ねて四季の印象を高める方法もよくみられます。
この歌では「梅」、「うぐいす」、「雪」を重ねて早春の美しい情景を描いています。
他にも「藤」に「ホトトギス」、「紅葉」に「鹿」といった取合せがあります。
→関連記事「和歌の入門教室 特別編 古今和歌集 四季の景物一覧表

古今和歌集の四季は「景物」が折り重なりながら進み、一つの大きな繋がり、つまり物語を作っています。
ですから歌単体ではなく、歌の繋がりを鑑賞するというのが古今和歌集の正しい鑑賞方法です。

参のポイント「歴史・文化を楽しむ」

和歌は宮廷で花開いた文化です。
それぞれの歌が詠まれた背景に歴史や文化を見ることができれば、和歌鑑賞の楽しみ方は一気に広がります。

■歴史
52「年ふれば 齢は老いぬ しかはあれど 花をし見れば もの思ひもなし」(前太政大臣)
これは時の摂政、藤原良房が娘明子へ送った歌です。
良房はこの「花」が生んだ子清和天皇の外祖父になることで、政治を思うままに動かしました。
応天門の変では伴善男はじめ伴氏や紀氏を朝廷から追い出すことに成功し、藤原摂関家の存在を確固たるものにしたのです。
と、このように歌に隠された背景などを知ることは、歴史好きにはたまりません。

ちなみにこの清和天皇の皇子が臣籍降下して後に武家の棟梁となり、藤原氏はじめとする貴族の世に終止符を打つことになるとは、皮肉な話です。

■文化
「照りもせず 曇りもはてぬ 春の夜の おぼろ月夜に しく物ぞなき」(大江千里)
朦朧とした月夜を詠んだこの歌には、平安文学への多様な影響を知ることができます。

まずは新古今和歌集、
「大空は 梅の匂ひに かすみつつ 曇りもはてぬ 春の夜の夢」(藤原定家)
藤原定家の本歌取りによって妖艶な夜の歌に仕立てられました。

そして源氏物語「花宴」、
「朧月夜に似るものぞなき」
と近づいてきた女(朧月夜)との出会いのシーンにも使われています。

実はこの歌そもそもが「白楽天(白居易)」の歌集「白氏文集」にある一文
「不明不暗朧朧月」を題に詠んだものなのです。

このように一首の歌を核にして、さまざまな歴史・文学への散歩を楽しむことができます。

いかがだったでしょうか。
このように和歌にはいろいろな観賞のポイントがあるのです。
あなたにあった鑑賞法で楽しんでくださいね。

(書き手:内田かつひろ)

今回の音楽

「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。
わくわく和歌ワークショップ
わくわく和歌ワークショップ

平成和歌所では文化の源泉である「和歌」を楽しむ2つのワークショップを開催しています。

①和歌のインプット
「大人のための百人一首講座」
②和歌のアウトプット
「みんな詠み人! 平成歌合せ♪」
和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す!
ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く