和歌で決まって詠まれる名所・旧跡を「歌枕」と言います。
歌枕の成立には3つのパターンあります。
一つが掛詞からの連想、次いでその場所ならではの特質、最後が場所が詠まれた歌の定番化です。
いづれにしても歌枕は古来から歌い継がれ、昔の歌人達と心を繋ぐ特別な場所なのです。

「逢坂の関」に「白河の関」、「吉野の山」に「小夜の中山」。
和歌の歌枕の名は知っていても、実際の詠まれた場所までは分からないと思います。
そこで、作ってみました「歌枕一覧マップ」。
代表的な歌枕の、地図上の場所と和歌をセットで知ることが出来ます。
これであなたも気分は能因法師!
※「奥の細道」付き

「歌枕一覧マップ」掲載歌枕一覧

明石 あかし 「ほのぼのと 明石の浦の 朝霧に 島かくれ行く 舟をしそ思ふ」(よみ人しらず)
安積 あさか 「陸奥の 安積の沼の 花かつみ かつ見る人に 恋ひやわたらむ」(よみ人知らず)
飛鳥川 あすかがわ 「飛鳥川 淵は瀬になる 世なりとも 思ひそめてむ 人はわすれじ」(よみ人しらず)
逢坂 あふさか 「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」(蝉丸)
天香具山 あまのかぐやま 「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」(持統天皇)
生駒山 いこまやま 「わがやどの 梢の夏に なるときは 生駒の山ぞ 見えずなりぬる」(能因)
生田 いくた 「君住まば 訪はましものを 津の国の 生田の森の 秋の初」(清胤僧都)
伊勢 いせ 「伊勢の海に 釣りする海女の 浮けなれや 心ひとつを 定めかねつる」(よみ人しらず)
因幡 いなば 「たち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」(納言行平)
宇治 うじ 「さむしろに 衣かたしき 今宵もや 我を待つらむ 宇治の橋姫」(よみ人しらず)
小倉山 おぐらやま 「小倉山 峰のもみぢば こころあらば 今ひとたびの みゆきまたなん」(貞信公)
音羽山 おとわやま 「音羽山 今朝越えくれば ほととぎす 梢はるかに 今ぞ鳴くなる」(紀友則)
春日 かすが 「春日野の 若菜つみにや 白妙の 袖ふりはへて 人のゆくらむ」(紀貫之)
賀茂 かも 「ちはやぶる 賀茂のやしろの ゆふだすき ひと日も君を かけぬ日はなし」(よみ人しらず)
暗部山 くらぶやま 「我が恋に くらぶの山の さくら花 まなくちるとも 数はまさらじ」(坂上是則)
佐保山 さほやま 「佐保山の ははそのもみぢ 散りぬべみ 夜さへ見よと 照らす月影」(よみ人しらず)
小夜中山 さよのなかやま 「年たけて また越ゆべしと おもひきや 命なりけり 小夜の中山」(西行)
塩釜浦 しおがまのうら 「さ夜更けて ものぞ悲しき 塩釜は 百羽掻きする 鴫の羽風に」(能因)
志賀 しが 「梓弓 はるの山辺を 越えくれば 道もさりあへず 花ぞ散りける」(紀貫之)
信夫 しのぶ 「陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし われならなくに」(河原左大臣)
白河関 しらかわのせき 「都をば かすみとともに たちしかど 秋風ぞふく 白河の関」(能因法師)
末松山 すえのまつやま 「君をおきて あだし心を わが待たば 末の松山 波も超えなむ」(よみ人しらず)
鈴鹿山 すずかやま 「世にふれば またも越えけり 鈴鹿山 むかしの今に なるにやあるらむ」(徽子女王)
須磨 すま 「わくらばに 問う人あらば 須磨の浦に 藻塩たれつつ わぶと答えよ」(在原行平)
住吉 すみよし 「久しくも なりにけるかな 住の江の 松は苦しき ものにぞありける」(よみ人しらず)
高砂 たかさご 「誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに」 (藤原興風)
田子浦 たごのうら 「田子の浦に うち出てみれば 白妙の ふじのたかねに 雪はふりつつ」(山部赤人)
竜田川 たつたがわ 「ちはやふる 神世もきかず 竜田川 唐紅に 水くくるとは」(在原業平)
手向山 たむけやま 「このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉のにしき 神のまにまに」(菅原道真)
筑波山 つくばやま 「よそにのみ 思ひおこせし 筑波嶺の みねの白雲 けふ見つるかな」(能因)
長柄橋 ながらのはし 「あふ事を 長柄の橋の ながらへて こひ渡るまに 年ぞへにける」(坂上是則)
名取川 なとりがわ 「陸奥に ありと言ふなる 名取川 なき名とりては くるしかりけり」(壬生忠岑)
難波 なには 「心あらむ 人に見せばや 津の国の 難波の浦の 春の景色を」(能因)
深草 ふかくさ 「空蝉は からを見つつも なくさめつ 深草の山 煙たにたて」(僧都勝延)
富士 ふじ 「風になびく 富士の煙の 空に消えて ゆくへもしらぬ わが思ひかな」(西行)
伏見 ふしみ 「昔こそ 何ともなしに 恋しけれ 伏見の里に 今宵宿りて」(能因)
二見浦 ふたみのうら 「夕づく夜 おぼつかなきを 玉くしげ ふたみの浦は 曙てこそ見め」(藤原兼輔)
三笠山 みかさやま 「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」(安倍仲麿)
瓶原 みかのやま 「瓶原 わきてながるゝ 泉河 いつ見きとてか 恋しかるらむ」(藤原兼輔)
三室山 みむろやま 「竜田川 もみぢ葉流る 神なびの みむろの山に 時雨降るらし」(よみ人しらず)
宮城野 みやぎの 「宮城野を 思ひ出でつつ 移しける 元荒の小萩 花咲にけり」(能因)
三輪山 みわやま 「我が庵は 三輪の山もと 恋しくは とぶらひきませ 杉たてる門」(よみ人しらず)
武蔵野 むさしの 「手に摘みて いつしかも見む 紫の 根にかよひける 野辺の若草」(源氏物語)
由良 ゆら 「由良の門を 渡る舟人 かぢをたえ ゆくへも知らぬ 恋の道かな」(曽禰好忠)
吉野 よしの 「春霞 たてるやいづこ み吉野の 吉野の山に 雪はふりつつ」(よみ人しらず)
小倉山 をぐらやま 「をぐら山 峯たちならし なく鹿の へにけむ秋を 知る人ぞなき」(紀貫之)
姨捨山 をばすてやま 「更級や 姨捨山に 旅寝して こよひの月を 昔見しかな」(能因)

(書き手:内田かつひろ)

「和歌の入門教室 一覧」


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。