突然ですが、『風立ちぬ』という映画、ご存知でしょうか?
2013年に公開された宮崎駿監督の作品です。

最近の映画は詳しくないという方、では
『風と共に去りぬ』はいかがですか?
スカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)が主人公の歴史的名作ですね。

と、映画の話をしたいわけではありません。
この2つのタイトルに共通項がありますよね。
そう「風」!
ではありません。。

語尾の「ぬ」です。

さて本題です。
『風立ちぬ』というタイトルを、よもや“風が立たなかった”と理解していませんか?
これでは飛行機が飛びません(涙
風が“立った”が正解です!

もしも間違って理解していたら…
それはこの「ぬ」を、、、
【打消】の助動詞『ず』の連体形「ぬ」と勘違いしてしまっているのです!

しかし、間違えるのも仕方ありません。
同じ質問を小学生にしたら、正解するのは難しいでしょう。
なぜならこの『ぬ』が、もはや古語であり、口語ではまさに死語といえる
【完了】の助動詞『ぬ』の終止形だからです!!

まあ、そんなこと知ってるよ、という方が大半だと思うのですが、和歌を鑑賞していて意外にこの『ぬ』の判別に迷うことがあります。
しかも【打消】と【完了】では訳した内容が真逆になるのためいろいろと厄介です。
例えば以下、「源氏物語」中の贈答歌(藤壺から源氏へ)をご覧下さい。

「袖ぬるる露のゆかりと思ふにも なおうとまれぬ大和撫子」(藤壺)
現代風に訳すと、
「忍んで思うあなた(源氏)の所縁と思っても、やはり疎んでしまう大和撫子の花」という感じです。
ちなみに「大和撫子」は、源氏との禁断の恋(藤壺は源氏の親父、つまり桐壺帝の妻)の末、誕生した若宮(冷泉帝)の暗喩で、内容的に源氏物語の中でも最重要の和歌です。

ではこの和歌の『ぬ』を【打消】としてみましょう。
すると「疎まれない」となるので意味が全く異なってしまい、大罪を犯したはずの藤壺が、全く反省していないような印象になってしまいますよね。
恐るべし『ぬ』!

このように、『ぬ』は細心の注意を払って判別しなければなりません。
ではその手順です。

まずは『ぬ』の“直後”を見ましょう。
「体言」(名詞)だったら一発で【打消】の『ぬ』です。

ただ先ほどの源氏物語の和歌のように、『ぬ』の直後が“大和撫子”と名詞にも関わらず【完了】であるケースがあります。(和歌は散文と違って、文の終止が分かりにくいですね)

それでは次に『ぬ』の直前を見ましょう。
直前の語の活用形が未然形の場合、【打消】の『ぬ』、連用形の場合、【完了】の『ぬ』です。

ですから、「風立ちぬ」の『ぬ』は直前が「立ち」と連用形なので【完了】なのです。
これが「立た」と未然形だったら、【打消】の『ぬ』です。
※「立つ」はタ行四段活用(た・ち・つ・つ・て・て)です

学校で古文を教えてもらったあの頃…、活用形を覚えることなんて無駄にしか思えませんでした。
しかしこうして古典に興味を持つと、もっとしっかりやっておけばとつくづく反省です…

さあ、これであなたも『ぬ』を秒殺!

※と、言いたいところですが、未然形と連用形が同じ語っていうのがあります(活用の種類が上一二、下一二段活用など)。じゃ、どこで判別するすりゃいいの? となりますが、これはもはや文脈から判断するしかありません。
また、『ぬ』の上に「係助詞(ぞ・なむ・や・か)」がある場合は、係り結びの法則で【打消】「ず」の連体形『ぬ』です。
秒殺への道のりは険しいかもしれません。。。

(書き手:内田かつひろ)

「和歌の入門教室 一覧」

 

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。

【目次】
・権中納言定家(藤原定家) 「怒れる天才サラリーマン」
・鎌倉右大臣(源実朝) 「甘えん坊将軍、鎌倉の海に吠える」
・在原業平朝臣(在原業平) 「愛され続けるプレイボーイ」
・和泉式部 「恋にまっすぐな平安ジェンヌ」
・紀貫之 「雑草が咲かせた大輪の花」
・凡河内躬恒 「麗しき二番手の真価」
・西行法師 「出家はつらいよ、フーテンの歌人」
・小野小町 「日本的、恋愛観のルーツ」
・源俊頼朝臣 「閉塞感をぶち壊せ! 孤独なチャレンジャー」
・式子内親王 「色と光を自在に操る印象派の女王」
#コラムその1 百人一首とは「王朝の栄枯盛衰物語」である!
・後鳥羽院 「お前のものは俺のもの、中世のジャイアン」
・菅家(菅原道真) 「悲劇の唇が吹く イン・ア・サイレント・ウェイ」
・崇徳院 「ここではないどこかへ」
・清少納言 「元祖! 意識高い系OLの可憐なる日常」
・柿本人麻呂 「みんなの憧れ、聖☆歌人」
・権中納言敦忠(藤原敦忠) 「禁断と破滅、平安のロミオとジュリエット」
・中納言家持(大伴家持) 「流れるままに。家持たぬ家持の万葉オシャンティー」
・後京極摂政前太政大臣(九条良経) 「天才貴公子が奏でるロンリネス」
・伊勢 「女貫之の冷たい仮面」
・能因法師 「元祖旅の歌人のノー、インドア宣言! 」
・皇太后宮大夫俊成(藤原俊成) 「和歌界のゴッドファーザー」
#コラムその2 百人一首は「ジジイのための歌集」である!

わくわく和歌ワークショップ はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。

和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す! ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く
「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。