和歌だけでなく古典を読む時にぜひ知っておきたいのが「官位」です。

官位とは朝廷内の序列である「位階」と、就くことが出来る「官職」の総称で、飛鳥時代に定められた冠位十二階が大宝令などによって体系的に整備されたものです。
位階は正一位から少初位下まで30のランクに分けられ、このうち五位以上の位階を持つ者が貴族と呼ばれる人達です。

ちなみに三位以上の超エリートを公卿といいましたが、こんな人は2~30いたかどうかと言われています。
当時の平安京の人口がおよそ10万人くらいだといいますから、割合にしてわずか0.0x%。
源氏物語や枕草子など、私たちに伝わっている貴族社会を舞台にした物語というのは、当時のほんの一握りの特権階級の狭い物語に過ぎないことが分かります。
平安時代の女性の多くが十二単を着てたなんて勘違いをしていたら、大やけどをしますね。

ところで、紀貫之や藤原定家など、歌人という名で残っている方々の官位って気になりませんか?
そこで作成したのが「歌人と官位一覧表」です。
下の一覧表をみれば、歌人レベルが一目瞭然です!

まず一見して分かるのは、古今和歌集選者の紀貫之と、新古今和歌集選者の藤原定家の官位レベルが全く違うことです。
両者の間には300年の隔たりがありますが、時代が下るにつれて「歌の地位が高まった」とも言えますし、もはや朝廷は「歌など文化的ことでしか地位を保てなかった」とも言えます。

そんな色んな視点で、この「歌人と官位一覧表」を眺めてみてください。

「歌人と官位 一覧表」

位階 官職(太政官の官位相当) 歌人 歴史上の有名人
1 正一位 太政大臣 橘諸兄、藤原仲麻呂、三条実美
2 従一位 藤原良経 藤原良房、藤原道長、平清盛、豊臣秀吉、徳川家康
3 正二位 左大臣、右大臣 源実朝藤原定家(新古今集撰)、藤原為家(続後撰集撰) 藤原不比等、藤原時平、藤原公任、藤原行成、源頼朝、織田信長
4 従二位 内大臣 菅原道真、藤原通俊(後拾遺集撰)、藤原家隆 、大伴旅人
5 正三位 大納言 藤原俊成(千載集撰)
6 従三位 中納言 藤原顕輔(詞花集撰)、大伴家持(万葉集撰)、源頼政、菅原清公(凌雲集撰)
7 正四位上 源俊頼(金葉集撰)
8 正四位下 参 議
9 従四位上 大弁 在原業平、小野岑守(凌雲集撰)
10 従四位下
11 正五位上 中弁 清原元輔(後撰集撰)
12 正五位下 小弁
13 従五位上 少納言 紀貫之(古今集撰)
14 従五位下 山上憶良、鴨長明 真田信繁
15 正六位上
中略

30 少初位下

※「太政官」とは朝廷の政治の中心で現在の内閣にあたる組織です

(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。