見立てとは、ある対象を別のものに言い換えて表現することです。
取り立てて難しい話ではなく、日本一高い電波塔を空まで届く木になぞらえ「スカイツリー」と命名するようことです。

見立ては昔からよく用いられてきました。それは和歌に限りません。
茶の湯では、かの千利休が水筒用のひょうたんを花入として見立て用いた、など逸話が多く残っています。
そして日本庭園。
池を海に、その中の岩を島に見立てる。垂直に立てた岩を滝に見立て、そこに鯉の滝登りに見立てた鯉魚石を配する。さらに枯山水では、砂の文様を水の流れに見立てる。
これぞ見立てのオンパレード!
ただこれらの見立ては、条件が限られた故の「やむを得ない見立て」であったかもしれません。

和歌の場合は違います。
想像という制限のない中で、“より美しい表現”を求めて見立てを用いるのです。

例えば以下の和歌。
「霞たちこのめもはるの雪ふれば 花なきさとも花ぞちりける」(素性法師)
暦は初春。雪を花に見立て、新緑の里に花が舞い散る優美な場面を歌い上げています。

そして極み付けは下の一首。
「さくら花ちりぬる風のなごりには 水なきそらに浪ぞたちける」(紀貫之)
桜の花びらを浪になぞらえ、水のない空に浪が立っているという、古今和歌集いや世界の詩歌でも最上の想像美を作り上げています。

このように見立ては、和歌をずいぶん魅力的なものにします。
とはいえ、闇雲に見立てを駆使すればいいというものではないようです。
実は古今和歌集で使われている見立てには、それほどバリエーションが多くありません。
以下が、よく使われている見立てです。
・雪→花
・浪→花
・雨→涙
・露→玉
・女郎花→女
・紅葉→錦

最後に面白い見立ての例として2首上げておきます。
「春の日のひかりにあたる我なれど かしらの雪となるぞわびしき」(康秀)
白髪が雪に見立てられています。あまり雅には思えません。。。

「秋風にこゑをほにあけてくる舟は 天のとわたる雁にぞありける」(藤原菅根)
雁が舟に見立てられています。雁の群れでしょうが、かなり斬新な見立てですね。

(書き手:内田かつひろ)

「和歌の入門教室 一覧」

 

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。

【目次】
・権中納言定家(藤原定家) 「怒れる天才サラリーマン」
・鎌倉右大臣(源実朝) 「甘えん坊将軍、鎌倉の海に吠える」
・在原業平朝臣(在原業平) 「愛され続けるプレイボーイ」
・和泉式部 「恋にまっすぐな平安ジェンヌ」
・紀貫之 「雑草が咲かせた大輪の花」
・凡河内躬恒 「麗しき二番手の真価」
・西行法師 「出家はつらいよ、フーテンの歌人」
・小野小町 「日本的、恋愛観のルーツ」
・源俊頼朝臣 「閉塞感をぶち壊せ! 孤独なチャレンジャー」
・式子内親王 「色と光を自在に操る印象派の女王」
#コラムその1 百人一首とは「王朝の栄枯盛衰物語」である!
・後鳥羽院 「お前のものは俺のもの、中世のジャイアン」
・菅家(菅原道真) 「悲劇の唇が吹く イン・ア・サイレント・ウェイ」
・崇徳院 「ここではないどこかへ」
・清少納言 「元祖! 意識高い系OLの可憐なる日常」
・柿本人麻呂 「みんなの憧れ、聖☆歌人」
・権中納言敦忠(藤原敦忠) 「禁断と破滅、平安のロミオとジュリエット」
・中納言家持(大伴家持) 「流れるままに。家持たぬ家持の万葉オシャンティー」
・後京極摂政前太政大臣(九条良経) 「天才貴公子が奏でるロンリネス」
・伊勢 「女貫之の冷たい仮面」
・能因法師 「元祖旅の歌人のノー、インドア宣言! 」
・皇太后宮大夫俊成(藤原俊成) 「和歌界のゴッドファーザー」
#コラムその2 百人一首は「ジジイのための歌集」である!

わくわく和歌ワークショップ はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。

和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す! ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く
「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。