「縁語」はキーとなる語を設定し、それを連想させる語を歌の中に詠み込む技法です。
例えば「蝶々」をキーワードに据えた場合、「舞う」とか「ひらひら」などの語を合わせて詠むイメージです。
と、一見単純のようですが、やはり技法というだけあって案外奥深いのがこの縁語。

まずは下の歌の縁語がどれか当ててみましょう!
471「吉野川 岩波たかく 行く水の はやくぞ人を 思ひそめてし」(紀貫之)

「岩波」と「水」が「川」の縁語! と即答された方、残念ながら間違いです…
考えてみれば「川」に「水」や「岩」があるのは当たり前ですから、これを縁語としていたらなんでもかんでも縁語になってしまいます。
正解は「はやし」が「川」の縁語です。

では次はどうでしょう。
「由良の門(と)を 渡る舟人 梶をたえ 行へもしらぬ 恋の道かな」(曽禰好忠)

「門(と)」とは瀬戸のことです。ですから「梶」ともに「舟人」の縁語になりそうですが…
答えは「渡る」と「行へ」が「道」の縁語です。

ではなぜ「門」と「梶」は「舟人」の縁語にならないか?
それは「由良の戸を渡る」、「梶をたえ」はともに「舟人」を修飾するひと続きの語句だからです。
文節上つながりがある語は縁語と認められません。
この場合、文節関係になく連想語として詠まれている「渡る」と「行へ」が「道」の縁語となるのです。

一見分かりにくい縁語ですが、見つけ方のコツがあります。
それは「掛詞」および「序詞」の中から縁語の片割れを探すのです。これらは叙景と叙情を結び付ける技法ですから、文節上のつながりがない連想語つまり縁語が設定されやすいです。
「掛詞」と「序詞」は見つけやすい技法なのでオススメの判別方法です。

それでは縁語の代表例をみてみましょう。

縁語の代表例

縁語(主) 読み 縁語(副) 歌例
あし よ、ふし、ね 「難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき」(皇嘉門院別当)
あわ きえ、う(浮)、ながれ 「水の泡の 消えてうき身と いひながら 流れて猶も たのまるるかな」(紀友則)
いと ほころぶ、みだる、よりかくる 「青柳の 糸よりかくる 春しもぞ みだれて花の ほころびにける」(紀貫之)
いは くだける 「あしひきの 山したたぎつ 岩波の こころくだけて 人ぞこひしき」(紀貫之)
浮き海布 うきめ なかる、かる 「うきめのみ おひて流るる 浦なれば かりにのみこそ あまはよるらめ」(よみ人しらず)
うら あま、みる 「逢ふ事の なきさにしよる 浪なれば 怨みてのみぞ 立帰りける」(在原元方)
よわる、たゆ、ながし 「唐衣 ひもゆふぐれに なる時は 返す返すぞ 人は恋しき」(よみ人しらず)
かは ながる、すむ、はやし、せ、ふち、そこ、ふかし 「淀川の よどむと人は 見るらめと 流れてふかき 心あるものを」(よみ人しらず)
かり なく、なかそら 「初雁の はつかにこゑを ききしより 中そらにのみ 物を思ふかな」(凡河内躬恒)
きり たつ、はる、まどふ 「花の散る ことやわびしき 春霞 たつたの山の うぐひすの声」(藤原後蔭)
くさ かれ、もゆ 「山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人めも草も かれぬと思へば」(源宗于)
けぶり もゆ、きゆ 「煙たち もゆとも見えぬ 草のはを たれかわらひと なつけそめけむ」(真せいほうし)
こほり とく 「袖ひぢて むすびし水の こほれるを 春立つけふの 風やとくらむ」(紀貫之)
ころも なる、つま、はる、たつ、うら、きる 「唐衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ」(在原業平)
さしも草 さしもぐさ もゆる 「けふもまた かくやいふきの さしも草 さらはわれのみ もえやわたらむ」(和泉式部)
時雨 しぐれ うつろふ、もみづ 「今はとて わか身時雨に ふりぬれば 事のはさへに うつろひにけり」(小野小町)
しも おく、きゆ 「心あてに をらばやをらむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花」(凡河内躬恒)
すず ふる、なる 「世にふれば またも越えけり 鈴鹿山 むかしの今に なるにやあるらむ」(徽子女王)
ふち、しがらみ 「瀬をせけば 淵となりても 淀みけり わかれをとむる しからみぞなき」(壬生忠峯)
そで なみだ、むすぶ、とく、おほふ 「袖ひぢて むすびし水の こほれるを 春立つけふの 風やとくらむ」(紀貫之)
いね、かける、かる 「秋の田の いねてふ事も かけなくに 何をうしとか 人のかるらむ」(素性法師)
つき めぐる、くもかくる 「めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」(紫式部)
つゆ きゆ、おく、むすぶ、もる 「白露も 時雨もいたく もる山は 下葉のこらず 色づきにけり」(紀貫之)
夏野 なつの しげる 「牡鹿ふす 夏野の草の 道をなみ 茂き恋路に まどふころかな」(是則)
難波潟 なにはがた かりね、ひとよ、わたる 「難波江の あしのかりねの ひとよゆへ 身をつくしてや 恋わたるべき」(皇嘉門院別当)
なみ たつ、くだく、ぬる、かける 「わたつみの わが身こす浪 立返り あまのすむてふ うらみつるかな」(よみ人しらず)
はし ふむ 「大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立」(小式部内侍)
花薄 はなすすき いづ 「秋の野の 草のたもとか 花すすき ほにいでてまねく 袖と見ゆらむ」(在原棟梁)
春雨 はるさめ ふる、なる 「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまに」(小野小町)
ふね わたる 「わがうへに 露ぞおくなる あまの河 とわたる舟の かいの雫か」(よみ人しらず)
みち ふむ、まどふ、ゆくへ、わたる 「由良の戸を わたる舟人 梶をたえ 行方もしらぬ 恋の道かも」(曾根好忠)
海松布 みるめ かる 「みるめなき わが身をうらと しらねばや かれなてあまの あしたゆくくる」(小野小町)
藻塩 もしほ こがる 「こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに やくやもしほの 身もこがれつつ」(藤原定家)
ゆき きゆ 「心ざし ふかくそめてし 折りければ きえあへぬ雪の 花と見ゆらむ」(よみ人知らず)
ゆみ はる、おす、いる 「梓弓 おしてはるさめ けふふりぬ あすさへふらば 若菜つみてむ」(よみ人知らず)

さて、縁語の基本を知ったところで以下の歌をご覧ください。
26「青柳の 糸よりかくる 春しもぞ みだれて花の ほころびにける」(紀貫之)

「よりかくる」、「みだれる」、「ほころぶ」が「糸」の縁語です。
さすが稀代の名手たる紀貫之!
縁語がまさに「縁」となって、目には見えない柔らかな春風を描いています。

→関連記事「貫之様にインタビューしてみた ~古今和歌集 仮名序妄訳~

(書き手:内田かつひろ)

「和歌の入門教室 一覧」


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。