「縁語」はキーとなる語を設定し、それに関連する語を歌の中に詠み込む技法です。
例えば「蝶々」をキーワードに据えた場合、「舞う」や「ひらひら」といった語を合わせて詠むイメージです。
と、一見単純のようですが、やはり技法というだけあって案外奥深いのがこの縁語。

まずは下の歌の縁語がどれか当ててみましょう!
471「吉野川 岩波たかく 行く水の はやくぞ人を 思ひそめてし」(紀貫之)

「岩波」と「水」が「川」の縁語! と即答された方、残念ながら間違いです…
考えてみれば「川」に「水」があるのは当たり前ですから、これを縁語としていたらなんでもかんでも縁語となってしまいます。

正解は、「はやし」が「川」の縁語なのです。

基本的に縁語は、情景と心象描写をまたいでいなければなりません。
ですからこの歌の場合「川の流れ」と「恋心」をまたぎかつ、「川」と関連のある「はやし」が縁語となります。
縁語がまさに「縁」となって言葉と言葉を繋げるのです。

縁語の代表例

キーワード 縁語 歌例
なみだ、むすぶ、とく 「袖ひぢて むすびし水の こほれるを 春立つけふの 風やとくらむ」(紀貫之)
きゆ、おく、むすぶ、は、もる 「白露も 時雨もいたく もる山は 下葉のこらず 色づきにけり」(紀貫之)
ほころぶ、みだる 「青柳の 糸よりかくる 春しもぞ みだれて花の ほころびにける」(紀貫之)
たつ、はる 「花の散る ことやわびしき 春霞 たつたの山の うぐひすの声」(藤原後蔭)
緒、紐 よわる、たゆ、ながし 「唐衣 ひもゆふぐれに なる時は 返す返すぞ 人は恋しき」(よみ人しらず)
よ、ね 「難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき」(皇嘉門院)
あま、みる 「逢ふ事の なきさにしよる 浪なれば 怨みてのみぞ 立帰りける」(在原元方)
ながる、すむ、はやし、ふかし、あさし、せ、ふち、そこ 「淀川の よどむと人は 見るらめと 流れてふかき 心あるものを」(よみ人しらず)
なる、つま、はる、たつ、うら、きる 「唐衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ」(在原業平)
ふる、なる 「世にふれば またも越えけり 鈴鹿山 むかしの今に なるにやあるらむ」(徽子女王)
たつ、くだく、ぬる 「わたつみの わが身こす浪 立返り あまのすむてふ うらみつるかな」(よみ人しらず)

さて、縁語の基本を知ったところで以下の歌をご覧ください。
26「青柳の 糸よりかくる 春しもぞ みだれて花の ほころびにける」(紀貫之)

「よりかくる」、「みだれる」、「ほころぶ」が「糸」の縁語です。
さすが稀代の名手たる紀貫之!
縁語を重ね目には見えない美しい春風を描いています。

ちなみに縁語は「掛詞」に含まれいることが多いです。
113「花の色は うつりにけりな いたづらに わか身世にふる ながめせしまに」(小野小町)

ここでは「ふる」と「ながめ」が掛詞であり縁語です。
情景と心象を繋げるという意味では、縁語も掛詞も役割は同じですもんね。

→関連記事「和歌の入門教室 掛詞

と考えると、和歌の本質が見えてきます。
貫之による古今和歌集の仮名序の一文のとおり、
「世中にある人、こと、わざ、しげきものなれば、心におもふことを、見るもの、きくものにつけて、いひいだせるなり」

和歌とは見るものや聞くものに託して咲かせた言の葉なのであり、それを可能にする手段が掛詞であり縁語なのです。

→関連記事「貫之様にインタビューしてみた ~古今和歌集 仮名序妄訳~

(書き手:内田かつひろ)

「和歌の入門教室 一覧」

「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。
わくわく和歌ワークショップ
わくわく和歌ワークショップ

平成和歌所では文化の源泉である「和歌」を楽しむ2つのワークショップを開催しています。

①和歌のインプット
「大人のための百人一首講座」
②和歌のアウトプット
「みんな詠み人! 平成歌合せ♪」
和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す!
ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く