最近ちょっとした「中年ワキ役」ブームです。
見た目こそ花はありませんが、円熟した演技は作品の柱となり主役さえも食ってしまう。
そんな名ワキ役たちに注目が集まっています。

実は和歌にもバイプレーヤー(名ワキ役)的存在がいます。
秋の「露」です。

秋歌の主役と言えばもちろん、萩に菊また紅葉などいわゆる華がある「花」ですよね。
一方の露。露はそれらの「添え物」にしかすぎません。
しかし! 露があることで歌の表現や深みがグッと増すのです。

今回は和歌のバイプレーヤー「露」の豊富な演技力に注目してみましょう。

■名技その一「独特の存在感」
味気ない役柄もバイプレーヤーは独特の存在感で輝きます。
花に置いた露はまさにそれ。
222「萩の露 玉に抜かむと とれば消ぬ よし見む人は 枝ながら見よ」(よみ人しらず)
223「折りて見ば 落ちぞしぬべき 秋萩の 枝もたわわに おける白露」(よみ人しらず)

露をつまらない水滴と思うことなかれ! その白玉をよ~く見てください。
清らに輝く姿は「宝石」のようではありませんか!?
花の上の宝石だなんて素敵すぎますよ。

ただこの宝石、決して手に取ることはできません。
花から落ちるやいなやあっけなく消えてしまうのです。
この儚さも存在感の裏返しです。

ちなみに白露を宝石のまま飾り立てる手段があります。
27「浅緑 糸よりかけて 白露を 玉にも抜ける 春の柳か」(僧正遍昭)
225「秋の野に おく白露は 玉なれや 貫きかくる 蜘蛛の糸すぢ」(文屋朝康)

春の柳や蜘蛛の糸で貫き留めるのです。
平安歌人はこういう表現をするのですね、見事です!

■名技その二「周囲に及ぼす影響力」
バイプレーヤーの圧倒的な存在感は自ら役柄のみに留まらず、作品全体に影響します。
露にもそんな影響力があります。

209「いとはやも なきぬる雁か 白露の 彩る木木も もみちあへなくに」(よみ人しらず)
257「白露の 色はひとつを いかにして 秋の木の葉を 千々に染むらむ」(藤原敏行)
258「秋の夜の 露をは露と おきながら 雁の涙や 野辺を染むらむ」(壬生忠峯)

和歌では「露が紅葉を染める」と歌われます。
小さい一滴が野辺や木々全体を色とりどりに染めるなんて、すごい影響力だとは思いませんか?
ただ「白露」とあるように、白色の露が赤や黄色の紅葉に染める、という発想に少々違和感を感じます。
もしかしたら「白」は色というより、何にも染まっていないまっさらな状態を言うのかもしれませんね。

ここでもう一つの注目が258番の「雁の涙」。
露は雁の涙が落ちたものであり、それが野辺を染める。なんとも幻想的です。

■名技その三「泣きの涙」
バイプレーヤーの見どころといえば、泣きの芝居です。
演技臭くないリアルな涙に、見ている方までもらい泣きしてしまいます。

露も忘れてならないのが「涙の見立て」です。
574「夢路にも 露や置くらむ よもすがら 通へる袖の ひぢてかわかぬ」(紀貫之)
589「露ならぬ 心を花に 置きそめて 風吹くごとに 物思ひぞつく」(紀貫之)
757「秋ならで おく白露は 寝ざめする 我がた枕の 雫なりけり」(よみ人しらず)

なんでも物に託す平安歌人たち。
彼らが袖や枕に落ちた涙を露に例えるのは、ある意味当然の成り行きかもしれません。
これに秋(飽き)の情景が重なれば、それだけで立派な失恋の歌になります。

四季折々の花と比べると、そこに置いた露なんてのはただのおまけ…
むしろ鑑賞を妨げる無用の存在かもしれません。
でも刺身のつま、スターウォーズの3POに秋の露!
なくてもいいけどあってほしい…

花や紅葉はほどほどに、
時にはさりげなく光る名ワキ役に目を止めてみましょう。

(書き手:内田かつひろ)


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。